受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 早稲田中学校

逆転

H.Iくん

 「うぉおおおおお!」
 合格発表のウェブ画面を見た瞬間、ぼくは雄たけびを上げてしまいました。志望校の早稲田中に合格していたからです。その場で、すぐに自分の頭をたたきました。「ひょっとして、幻覚なのではないか!?」と思ったからです。
 新4年生として、サピックスに入室してからというもの、得意科目である社会を除いて、ぼくのテストの成績は乱高下していました。成績票に記された偏差値の推移グラフが、連なる山に見えたこともあります。それでも、最後まであきらめずにがんばったことで、合格を勝ち取れました。
 ぼくが見ていたのは早稲田中の第2回の受験結果でした。実は、第1回の結果は不合格だったのです。しかも、1月校も不合格だったので、2月2日の時点では連敗していました。1月校や早稲田中の第1回は、本番ということで緊張してしまったのが原因だと思い、それからは心のなかで「落ち着け」と自分に言い聞かせるようにしました。すると、本当に緊張しなくなっていきました。また、サピックスの先生と電話で話をしたときに、「SS特訓の志望校別講座のテキストを見直すとよい」とのアドバイスを受けたので、それを実行したこと、また、「基礎力トレーニング」「漢字の要」「コアプラス」などを見直して、基礎固めを続けたことも効果があったのだろうと思います。復習には、それまでに作った間違い直しノートを見直しました。苦手なところがまとまっているうえに、メモ帳サイズでかさばらずに持ち歩けたのがよかったです。
 ぼくは連敗の後、2月1日の午後に受験した学校以降は、4連勝を収めることができました。特に、「逆転」で早稲田中に合格したことも含めて、報告をした電話の向こうでサピックスの先生がとても喜んでくれたのがうれしかったです。本当に最後まであきらめなかったことが、合格につながったのだと思います。
 くどいようですが、後輩の皆さんには「最後まであきらめないこと」「試験で全力を出し切ること」「できる問題から攻略すること」の三つをアドバイスとして伝えます。祈・合格!
 最後になりましたが、ぼくを応援してくださったサピックスの先生方、ありがとうございました!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ