受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 渋谷教育学園渋谷中学校

サピックスの友だちが教えてくれたこと

R.Tくん

 ぼくは3年生からサピックスに通い始めました。アフリカから帰国後まだ半年で、現地ではインターナショナルスクールに通っていたため国語の成績がとても悪く、最初はずっと下のクラスでした。ぼくは努力をするのが嫌いで、親に叱られても勉強せず、サピックスに通っていた理由も、先生の授業がおもしろく、塾の行き帰りに友だちといるのが楽しかったからでした。そのため、5年生の後期になり、筑波大附駒場中、渋谷渋谷中、駒場東邦中に行きたいと思い始めても、あまり成績は上がりませんでした。
 6年生になり、「このままじゃ合格できない」と焦り始めたのと同時に、少しあきらめかけていました。SS特訓の志望校別講座は、開成コースに入ったけれど、そこであらためて自分の実力のなさを知り、みんながどれだけ努力しているかを知りました。でも、少しあきらめていた自分を本気にさせてくれたのが、その友だちでした。テストの点数で負けて悔しいと思い、「次は負けないぞ」とがんばることができました。まずは、「得意の算数で開成コースのなかでの上位を取ろう」と勉強しました。その次に、苦手な国語をなんとか伸ばそうとしました。しかし、算数では1位が取れたものの、国語はなかなか点数が上がらなかったのです。それでもあきらめずにがんばり、SS特訓の最終日には、それまででいちばん良い点数を取りました。そのときのテストに書かれていた先生のことばがうれしくて、何度も読みました。努力を続けることの大切さを実感しました。その成果が、国語の試験が難しい渋渋の合格になって表れました。努力が報われ、本当にうれしかったです。結局、筑駒と開成には合格できませんでしたが、ぼくの受験を最後まで応援してくれたサピックスと両親、友だちにはすごく感謝しています。合格から1か月がたち、もうサピックスに通えないと思うと寂しいです。
 ぼくは、バスを使ってサピックスに通っていましたが、バスの中でもサピックスの友だちができました。受験前は、バス友と励まし合いました。今日、そのバス友と再会し、お互いの合格をお祝いしました。進む中学校は違うけれど、彼とはこれからもずっと友だちであり、ライバルです。
 最後に、後輩の皆さん、受験勉強は途中であきらめずにがんばってください。合格の喜びを知るために!

 前の体験記 | 共学校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ