受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 渋谷教育学園渋谷中学校

サピックス、最高!

R.Mさん

 渋谷の街角で、私、父、母は、3人で手を取り合って喜んでいた。第一志望校だった渋谷渋谷中の、2月1日の結果が合格だったのだ。3日には、2日に受けた渋渋の結果も発表され、合格を頂いた。
 私は、渋渋の「自調自考」という教育理念と自由な校風にあこがれ、合格に向かって勉強を続けてきた。しかし、新6年生の初めのころ、それまでになかったほど成績が下がった。新型コロナウイルス感染症の影響で対面授業がなくなっていたころだった。私は不安で先生に電話をかけた。すると先生は、「コースにこだわるよりも、今できることを一つずつやっていくことのほうが大切だよ」と、アドバイスしてくれた。私はそのことばを胸に深く刻み、新型コロナで自粛生活が続くなか、必死に勉強した。とにかく、基礎的なことを繰り返し勉強した。そして対面授業が再開されたころ、だんだんと元の成績に戻っていけた。7月の最後の組分けテストでは、初めて銅メダルを取ることができた。
 9月に渋渋の過去問を解き始めたが、私は問題傾向が自分に合っていないと思い始めた。学校別サピックスオープンでは、合格可能性が40%だった。でも私は渋渋に行きたいという一心で過去問を解き、納得がいくまで解説を読み続けた。すると過去問の点数は上がり、最後のマンスリーテストでは校舎で2位の成績を取れた。
 私がモチベーションを保てたのは、平常授業やSS特訓などで仲良くなった友だちの存在があったからだ。授業中には点を競い合い、休憩中や帰り道にはおしゃべりをして、気分転換することができた。
 話は変わるが、私が本当に大事だと思うのは、「基礎力トレーニング」を毎日やることと、夜は早く寝ることだ。「基礎トレ」を毎日やると計算力が上がる! 早く寝て体を休めるのも結構大事!
 最後に、私を一生懸命支えてくれた家族、サピックスの先生方、そして大切な私の友だちのみんな、本当にありがとうございました!

 前の体験記 | 共学校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ