受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 渋谷教育学園渋谷中学校

粘り勝ち

M.Fさん

 2月6日、渋谷渋谷中のホームページで、横に「特」と書かれた自分の受験番号を見つけ、私の受験は終わりました。しかし、そこまでがすべて順調だったわけではなく、二度のスランプがありました。一度目は、5年生の夏でした。一気に偏差値が10ほど下がりました。そこから私が取り組んだのは、社会と算数の底上げです。社会では、始まったばかりの歴史は苦手でしたが、テキストの演習をしっかりやったのはもちろん、自分のオリジナル年表を作ったり、歴史漫画を何回も読み直したりもしました。算数では、とにかく問題を解くことを重視し、テキストや冊子もコピーし、テスト前に2周しました。その結果、偏差値は10以上も上がり、表彰状をもらうことができました。そして、次のテストでも良い点数を取るため、真剣に勉強するというサイクルが続きました。おかげで、6年生の直前まで表彰状やメダルを獲得できたうえに、4回の合格力判定サピックスオープンでは、すべての学校で合格可能性80%を取れました。偏差値が70を超えたこともあり、とにかく勉強が楽しかったです。
 しかし、都合よくはいかず、2月1日、そして2日にまさかのスランプが来てしまったのです。これまで、私は国語が得意科目だったので、家庭学習も特にやっていなかったのですが、その悪い影響が本番で出てしまい、国語で差をつけられなかったのです。一応どちらも受かったものの、合格力判定サピックスオープンではよく1桁の順位を取っていたので、3回目にもチャレンジして、特待生をめざすと決心しました。それからは、過去問の記号問題を20回分ぐらい解きました。そうするうちに、徐々に感覚を取り戻していきました。
 そして2月6日、精いっぱいの力を出すことができました。結果は前述したとおりです。
 最後に、サピックス生のみんなへ。「基礎力トレーニング」や漢字を甘く見ないほうがいいですよ! 「基礎トレ」をやらなくなったり、「面倒くさいから、月に4回しかこなさない」といったりしたことがないように気をつけましょう。サピックスライフを十分楽しんでください。笑顔になれる結果でありますように。

 前の体験記 | 共学校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ