受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第30期生/受験体験記

進学校 渋谷教育学園渋谷中学校

人生最大の喜びの日

Y.Iさん

 2月1日、試験当日。私は初めて心臓のどきどきが止まりませんでした。前日にはまだ「受験に行く」という実感がなかったので、「不安だなあ」というぐらいにしか思わなかったのです。
 第一志望である渋谷渋谷中に到着し、いよいよ試験開始3分前。教室の中の異常なまでの静けさのなかで、朝とは比べものにならないほど緊張し、心臓がばくばく波打っていました。そんな緊張感のなか、平常心を保ち、全集中力を各教科に注ぐということだけに専念しました。休憩時間の20分では、まず、前の教科から次の教科への気持ちを切り替える作業をしました。家族が作ってくれた「家族お守り」を見ると、そこには「気持ちを切り替えよう!」のことばとともに、次に受ける教科のアドバイスが短く、そしてわかりやすく書かれていました。両親と弟の気持ちを受け取って、次の教科に集中することができました。約4時間もの間、集中し続けたので、試験会場から出たときは口もきけないほど疲れていました。
 2月1日午後の第四志望校の普連土学園中と、2月2日の第二志望校の青山学院中の試験では、渋渋の合格発表のことは一切考えず、どちらにも全力投球で臨みました。しかし、さすがに2日の午後2時が近づくにつれ、受験する前とは違う緊張の波が押し寄せてきました。パソコンの画面をクリックする手が震えていて、母の緊張も伝わりました。「あった!!」。私の目には、はっきりと自分の受験番号が飛び込んできました。その瞬間、体から力が抜け、私は生まれて初めて泣き崩れました。「やっと、終わった…」心のなかで何度も思いました。受験まで支えてくれた家族や祖父母、そして私を合格へと導いてくださったサピックスの先生方には、感謝の気持ちでいっぱいです。私の受験は、受験した学校からすべて合格を頂くという完全勝利で終わりました。
 最後に、これから受験する後輩の皆さんへアドバイスです。

①毎日必ず「基礎力トレーニング」「コアプラス」などのルーティンを決めておくこと。

②算数から逃げず、解き続けること。

③過去問は最後の日まで解く。これは私の場合です。苦手な分野だけピックアップして解く作業を繰り返しました。算数では特に「場合の数」など。

④眠いときは寝る! 睡眠時間をしっかり確保する。

⑤試験当日は前の教科を引きずらず、それぞれに自分の持つすべてを出し切る!

 後輩の皆さんの受験が、より良いものになることを、心から願っています。

 前の体験記 | 共学校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ