受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 雙葉中学校

これから受験を迎える皆さんへ

K.Kさん

 2月2日、吉祥女子中の試験を終えて母と会い、私は第一志望校の雙葉中の合格を知りました。所属していた校舎に雙葉志望者が少なく、学校別サピックスオープンで思うような結果が残せなかった私は、合格を簡単に信じることができず、「ほんとに?」と聞き返してしまいました。
 4年生のときに訪れた雙葉祭。雙葉に対しておとなしいイメージを抱いていた私ですが、在校生の明るく元気でりんとした雰囲気にすっかり魅了され、その日から雙葉が第一志望校になりました。6年生の夏期講習前に成績が大きく落ちたときも、私は雙葉をあきらめられませんでした。雙葉の問題は算数・理科・社会が特徴的です。理科と社会は記述が多く、理科は受験生がその場で考えて解く必要がある問題も出題されます。また、社会は年号に関する問題が頻出で、データをもとに考える問題も多く見られます。理科と社会はなんとか乗り切った私が苦戦したのは算数でした。計算が多くて複雑な雙葉の問題に悩まされ続けたのです。ここで、私の経験を踏まえて、雙葉をめざす後輩のサピックス生の皆さんにアドバイスです。

算数…どこの学校を受けるとしても、基礎力は大切です。最後まで「基礎力トレーニング」を徹底しましょう。算数が苦手な人には、SS特訓の「算数解法力講座」がお薦めです。その教材には基本的な問題がたくさん載っているので、繰り返し解いて、自信につなげてください。

国語…文章中に線を引くなど、基本を徹底しましょう。私は、得点源だった国語が11月ごろに急激に落ち込みました。そこで先生に相談し、SS特訓の国語の単科講座の教材で、自分の答案に足りない要素を補う練習を重ねました。すると成績が少しずつ回復し、再び自信を持つことができるようになりました。

理科・社会…最後の最後まで「コアプラス」や社会の「知識の総完成」などを使い、知識を固めてください。どこの学校でもきっと役に立ちます。

 最後まであきらめずにがんばって! 雙葉で待っています。

 前の体験記 | 女子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ