受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2021年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 雙葉中学校

3年間願い続けた「夢」

E.Tさん

 併願校の受験を終えて校庭に出ると、そこに母の姿がありました。「おめでとう」と笑顔のひと言。その瞬間、雙葉中の合格を知りました。一生忘れられない光景です。
 私は新4年生でサピックスに入室しました。それまで、特に基礎の勉強をしてこなかったので、漢字や語句、算数のテキストの計算力コンテストなど、どれをとっても負担が大きく、ただただテキストをこなすのに精いっぱいでした。そのようななかで訪れた雙葉の学園祭。在校生が主体となって創り上げられた空間は、私に一つの明確な目標を持たせてくれました。「めざせ雙葉!」。あの日決めた目標は、最後までぶれることなく、私のなかで強い「夢」となっていました。
 いちばん大変だったのは、5年生と6年生の秋からの日々。5年生ではすべての教科がレベルアップしたので、授業に全力で集中して、家で繰り返し復習するよう心がけました。勉強計画はすべて父母に任せていたのですが、自分が苦手に感じたことや、理解し切れていなかったことをそのつど相談しながら、一緒に受験勉強を続けられたことに感謝しています。
 無我夢中で走り続けた5年生。新型コロナウイルス感染症の影響下で自分自身とたたかった6年生前半。私の入試に対する意識が変わったのは、6年生の夏期集中志望校錬成特訓でした。実際に志望校の傾向をとらえた問題を解くうえ、同じ志望校をめざす仲間と長い時間一緒に勉強する環境は、「つらい、大変」というよりも「楽しい、うれしい」という気持ちのほうが上で、毎回の授業が本当に楽しかったです。皆さんもそんなライバルと過ごせる時間を、緊張せずにぜひ楽しんでください。
 私は最後のマンスリーテストで成績を激しく落としました。でも、合格を夢見てぶれずに勉強を続けていたので、不思議と落ち込むことがなく、むしろ強い気持ちで、最後の最後まであきらめずに走り抜くことができました。「努力」と「継続」と「自分」を信じて、皆さんもぜひ合格をつかみ取ってください!

 前の体験記 | 女子校目次に戻る | 次の体験記 

2021年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ