受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/親子で歩んだ 受験の軌跡

進学校 海城中学校

サポートと成長のバランス

M.Kさん お子さんの名前 Nくん

 サピックスに入室したのは、4年生の夏期講習から。授業がおもしろいと、通塾は楽しんでいましたが、学習の出遅れもあり、覚えることの多い社会には苦手意識を持ってしまいました。
 6年生になっても、相変わらず社会が足を引っ張る状況。春の保護者個別面談では、想定外の中学校を勧められました。勉強の相談をすると、週に3回は復習するようにとのアドバイス。これまで、息子任せで、復習1回で満足しており、学習量がまったく足りていなかった事実を反省しました。
 それからは、夫の強力なサポートも加わり、週3回の徹底的な復習で成績も上昇し、クラスは真ん中あたりに安定。少しずつ、得意科目と不得意科目との差も縮まりました。しかし、秋ごろになると、明るく無邪気な性格の息子に変化が…。無表情で覇気のない様子に、これまでにない不安を感じました。私から、息子の顔をよく見てほしい、もう少し息子の自主性に任せてみないかと、夫に掛け合いました。そうなると、当然、学習量の維持はできず。重なるように、コロナワクチンは2回とも高熱。10月は、宿泊行事、運動会、陸上記録会と、本人の希望ですべて参加しました。息子が元気を取り戻す一方、過去問への取り組みは、思うように進まず、親は焦ります。「過去問は諸刃の剣」という先生のことばを思い出しながら、授業の復習、基礎の確認のリズムを崩さぬようにサポートしました。
 不安は拭い切れなかったものの、サピックスオープンでは毎回成績は上昇。海城中という目標に向かって、突き進みました。結果的に海城中の過去問は、4年分しか取り組めませんでしたが、記述解答が特徴の社会は、直前まで先生からのアドバイスをもとに改善する努力を重ねました。受験1か月前からは、とにかく自信を持って本番を迎えられるよう、成長した部分をほめることに徹しました。不思議なもので、ほめていると親の不安もだんだん消えていきました。
 2月1日、午前は海城中、午後は巣鴨中の算数選抜。公園でお弁当を食べ、父親とキャッチボールで気分転換をしてから、巣鴨中へ向かいました。巣鴨中の算数選抜は難しかったと、こぼした息子でしたが、結果は合格。安堵したのも束の間、海城中の不合格を目にした息子はさすがに落ち込んでいました。とても疲れた様子で、「算数選抜が受かって満足した。巣鴨中の制服かっこいいよね」とつぶやき、うたた寝。「まだ、明日がある」と励まし、気持ちを立て直すのに必死でした。
 そして、迎えた3日。夫はこっそりボールを用意しており、早朝の公園で3分だけキャッチボール。息子は、すっきりした表情で、振り向くことなく、試験会場へ入っていきました。
 結果は、なんと合格。息子いわく、2回目の試験のほうが、手応えを感じており、自信があったのだと。心配していたのは親だけで、本人の気持ちは燃え続けていたのだと、気づかされました。比較的幼いタイプの息子ですが、中学受験を通して、いつの間にか、たくましく成長していたのだと胸が熱くなりました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試
受験体験記
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ