受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 浅野中学校

全勝までの道のり

S.Iくん

 ぼくは3年生からサピックスに通い始めました。いちばん好きだった科目は理科で、実験がとてもおもしろいと思っていました。まだコースも少なく、昇降を意識することなく授業を楽しんでいました。
 4年生になるとコースが増え、昇降を意識するようになりましたが、いつも真ん中くらいのコースでした。後期になると、徐々に成績が悪化し、基礎力定着テストやデイリーチェックでも悪い点(10点や5点も!)を取って、帰りの車の中で、母に叱られることもありました。母が本格的に勉強を見てくれるようになり、真ん中より少し上のコースにまで上がりました。
 5年生になると、新型コロナウイルスの影響で対面授業がなくなり、とても苦労しましたが、夏前には対面授業が復活し、元どおりの勉強方法となりました。
 6年生になると、本格的な受験対策に取り組み、苦手だった算数と理科の成績が上がっていきました。社会は、歴史は得意でしたが地理が苦手で、最後まで苦労しました。国語の読解はずっと苦手なままでした。その状態で受験の天王山ともいわれる夏を迎えました。常にコース昇降がある厳しい期間でしたが、先生に言われたことを粘り強くやり続けました。その成果もあり、後期になると、成績も安定してきました。
 正月特訓のころには、ライバルたちとクラスの1位の座を争うまでになっていました。何回か1位になることもありました。直前期は、体調に注意しながら、主に復習に取り組みました。算数の解法と知識の最終チェック、国語の漢字テスト、地理のデータバンクなどを中心に復習を繰り返しました。SS特訓のプリントと「コアプラス」は何度も復習することをお勧めします。
 受験本番がスタートすると、とても緊張しましたが、1月受験校に受かったことで気持ちも落ち着き、本命である浅野中の試験にも集中して取り組み、見事合格することができました。最終的には、受験校5校に合格し、全勝を勝ち取ることができました! サピックスの先生の皆さん、本当にありがとうございました!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ