受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

知識の吸収、出力の姿勢 ~その1文字に思いを込めて~

K.Iくん

 2月3日、ぼくは麻布中の合格発表を、ウェブサイトで見ました。深呼吸をして、自分の受験番号を探しました。「あった」。その瞬間、うれしさが込み上げてきたことを思い出します。
 ぼくは、日々のサピックスの授業でさまざまな工夫をしてくれる先生方の話をきちんと聞き、自分が大事だと思った解説や知識、学習姿勢・方法を、黒板に書いていただいたことのみならず、口頭で言っていただいたことも含めてすべてをメモし、多くを吸収することに努めました。その過程で、自分に合った学習方法を探求し、深めていきましたが、わからないときは常に、積極的に質問教室に行くことを心がけました。先生には「Mr.Q」と言われたくらいです。
 サピックスでの学習で、知識の吸収や、興味を持ったことを追究するのが楽しいと感じるようになりました。そのなかで、どの中学が自分に合っているかと模索するようになり、麻布中に行けば自分の興味を大いに満たすことができるのでは、という思いがどんどん強くなりました。それがいちばんの志望動機でした。
 目標を決めてからは、取り組んだ過去問などから麻布中の特色を感じ、楽しみながら解いていきました。徐々にできない単元を減らしていきましたが、最後まで苦手な領域もあり、1月になってようやく、先生方のアドバイスをもとに、それも克服できました。その瞬間、また一つ好きな単元が増えたことも喜びの一つだったと思い出します。おかげで、2月の受験のときにはとても自信を持っていました。
 最後になりますが、ぼくはサピックスでの学習でのインプットと、受験でのアウトプットを通じて、目標設定と、それに向かうために努力することの大切さを知りました。もちろん、先生方の教えと、家族の支えのおかげであることは言うまでもありません。本当に感謝しています。本当に、ありがとうございました。今年は、感染対策も含めた健康、体調管理には最も気をつかいましたが、これから受験される皆さんも、健康に気をつかい、がんばってください!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ