受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 麻布中学校

努力は報われる

R.Hくん

 ぼくは4年生の4月にサピックスに入室しました。初めのころは、苦手だった国語で33という偏差値を出すなど、国語が足を引っ張っていたせいで、なかなか成績が伸びず苦しんでいました。国語を克服するために、5年生から6年生の春にかけてサピックスのテキストや市販の教材を使って読解や漢字の問題を繰り返し解きました。その結果、国語が苦手科目から得意科目へと変わりました。
 6年生の夏期講習から受験生としての自覚を持ち、各教科の苦手な単元について「コアプラス」「理科資料」「歴史資料」を使って確認し、克服していきました。クラスは上の中くらいで安定してきましたが、麻布中の学校別サピックスオープンでは合格可能性30%という結果となり、かなり焦りました。しかし、SS特訓や冬期講習で力をつけていき、上位にいることが増えてきました。
 しかし、受験の前日には不安と緊張で胸が押しつぶされそうになり、本番では1教科目の国語で手が震えるほどでした。
 そして、2月3日の午後3時にインターネットでの合格発表を母と一緒に見ました。初めは合格者一覧表を縦方向に見てしまい、「だめだ…」と思いましたが、番号が横向きに並んでいることに気づき、自分の受験番号を見つけ、うれしさのあまり涙が出ました。このときは、間違いなく今までの人生で最もうれしかった瞬間です。
 ぼくはこの中学受験という体験を通じて、あきらめずに努力することの大切さを実感することができました。そしてぼくは、最後まで自分を支えてくれたサピックスの先生方や両親に深く感謝しています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ