受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

大逆転勝利

K.Hくん

 2月3日、開成中の合格発表の日。ぼくは気が気でなく、そわそわしながら母の手からひったくるようにして携帯を受け取り、発表を見た。そこには、ぼくの受験番号が小さく載っていた。「えっ? 本当に受かってるの?」と思いつつ、急いで開成へ行き、合格証書をもらったときに、ようやく実感が湧いた。
 ぼくがサピックスに通い始めたのは2年生のときだった。親に受験を勧められ、受けた塾のなかでいちばん成績が良かったからという不純な動機だったが、今はサピックスを選んで良かったと感じている。
 初めは順調に最上位クラスをキープできていたが、5年生の中ごろの組分けテストで調子に乗り、クラス落ちしてしまった。そこからスランプが続き、6年生の模試で開成の合格可能性40%を記録してしまった。また周りの生徒が着々と力をつけており、サボり気味だったぼくとは差ができていた。そこから、さすがにまずいと感じ、勉強をまじめにするようになった。そして、最後の模試では全体で9位になることができた。
 これから受験をする後輩たちに、ぼくからのアドバイスを伝えたい。
①先生の話はきちんとメモを取る。
 先生がおっしゃる話には、意外と(!?)本番で出てくるものがある。ぼくが受けた試験にもあった。
②志望校をあきらめない。
 ぼくは開成中の過去問を10年分解いたが4教科の合計が合格者最低点に達したものが一つもなかった。すべてが不合格だった。それでもあきらめなければ、ぼくのように合格できる(きっと)ということを覚えておいてほしい。
 最後に、自分のサポートをしてくれた両親、ぼくを第一志望校合格まで導いてくれたサピックスの先生方、いつも見守ってくれた警備員の皆さまに、あらためて感謝の気持ちを伝えたい。
 本当に、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ