受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

合格体験記

S.Mくん

 ぼくは、6年生の秋に何度か受けたサピックスオープンで満足のいく結果が出せず、とても不安な気持ちがありました。
 それでも合格できたのは、あきらめることなく弱点強化のために努力をしたからだと思います。
 ぼくは、算数や国語に課題が多くありました。国語は、過去問と同じようにSS特訓の解き直しを提出して、先生に何度も見てもらうことで、読解力や記述力が向上していきました。算数では、過去問の直しを先生に見てもらうことで、違った解法や必ず解くべき問題を教えてもらえたことが非常に役に立ちました。
 国語や算数と比べて、ぼくは社会が得意なのですが、ほかの学校と比べて開成中は理科と社会の得点配分が大きかったことが、すごくラッキーでした。どの教科でもいえるかもしれませんが、社会ができるようになった要因は、授業を楽しんだことです。授業を楽しむことで社会の勉強自体が楽しくなり、結果が出せるようになったと思います。皆さんも授業を楽しんでください。
 志望校対策は、SS特訓に特に力を入れることだと思います。そして、それ以上に最も重要なことは、早く寝て、睡眠時間をしっかりと確保することです。当日の朝はとても早いので、早起きの習慣をつけ、体調管理をすることが大事です。当日はかなり緊張し、会場に入ってからもずっと緊張していました。そんなときに、サピックスの先生の顔を思い浮かべると、少し緊張が和らぎました。皆さんも試験当日にやってみてください。
 合格したときのうれしさは、3年間の授業のつらさをはるかに超えるものなので、皆さんも努力して、あきらめずに第一志望校合格のためにがんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ