受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

あきらめは禁物

K.Oくん

 ぼくは、中学受験を2月1日から2月3日に受けました。
 1日・2日の第一・第二志望校の受験日は思っていたよりも緊張しませんでした。
 しかし、1月受験や2月3日受験はとても緊張しました。
 なぜなら、1月受験は、中学受験をする初めての経験となったからです。
 そして2月3日は、6年生の1年間、重点的に「対策」をしてきた第一・第二志望校の合否の発表がその一日に両方ともあったからです。
 さて、今から、中学受験勉強をどんなふうに行ったのか、紹介したいと思います。
 ぼくは、動きが遅く、不器用です。しかも、それは昔からのもので、治すことができないのではないかと思います。そんななかでの勉強なので、動きが遅い人にとっては参考になるのではないかと思います。
 ぼくは1月には、ずっとためてきた第一・第二志望の学校の過去問をすべて一気に解きました。
 サピックスの課題はその過去問を解いたあとの余力で、先生が大事だと言っていたところ、いわゆる「二重丸(◎)」のところを解いていました。
 ほかは、テキストを読んだり、よくわからないところがあったときや解き直す時間がないときには解説を読んだりしました。
 「アトラス」や「白地図トレーニング帳」「歴史資料」「理科資料」『重大ニュース』などは電車の中などで読みました。
 あきらめずに勉強をしたら合格しました。だから、受験生の皆さんも、あきらめずにがんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ