受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

クラスが落ちてもあきらめないで!!

Y.Kくん

 2月3日の午後。ぼくの心はうれしさと驚きの感情に満たされました。開成中合格はそれまでのサピックスでの成績を考えると、すごく難しいことだと思っていたからです。
 ぼくがサピックスに通い始めたのは、3年生のときでした。はじめは上位のクラスでしたが、4年生ではクラスが下がってしまい、5年生のときは一度も上位クラスに入ることができませんでした。
 6年生では幸いにも上位クラスに行けることが多くなりましたが、成績の乱高下が激しく、クラスは全然安定しませんでした。いちばんつらかったのは、夏にクラスが大幅に落ちてしまったことです。そのときは大きな挫折を味わいましたが、サピックスの先生が何度もぼくを励ましてくれました。それで奮起したことで後期に入って成績が上がり、最後は開成をめざせるだけの成績を取れるようになりました。この経験は中学校生活でも大きな糧になると思い、励まし続けてくれた先生方に今でも感謝をしています。
 後輩に向けてぼくからのアドバイスです。

①「基礎力トレーニング」や「コアプラス」「漢字の要」などの基礎を最後まで怠らずやり続けてください。(これはぼくのいちばんの課題でした。基礎は難関校になるほど大切ですので、甘く見ずに必死に取り組みましょう)

②苦手科目は特に毎回の授業に集中してください。ほかの科目より学ぶべきものが多くあるはずです。

③成績や間違いなどは真摯に受け止め、少しでも多くの穴を見つけて埋めようとしてください。

④後期から始まるSS特訓で同じ志望校のライバルと競って、お互いを高め合ってください。

⑤得意科目が一つだけだと怖いので、すべての科目である程度たたかえるように仕上げてください。ぼくは開成の本試験で、いちばんの得意科目を大失敗してしまいました。しかし、ほかの科目がよくできたので、なんとか合格を勝ち取ることができました。

 最後に、今まで長い受験生活を支えてくださった皆さま、ありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ