受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

楽しかった2年間

A.Kくん

 2月3日、その日の試験を終え、2月1日の開成中学校の結果を見た。開成の入試では算数でケアレスミスをしてしまったうえ、社会では空欄があったため、入試が終わったあとは「落ちてしまったかもしれない」と思い、不安だった。しかし、合格発表には自分の受験番号があった。最初は実感がまったくなかったが、手続きをしていくうちに実感が湧き、今までのなかで一番のうれしさを味わった。こうしてぼくの受験生活が終わった。
 ぼくがサピックスに入室したのは新5年生の2月だった。当時は下から3番目のコースだったものの、志望校には開成が入っていた。初めて授業を受けたときは、その難しさと楽しさに驚き、「塾は勉強をもくもくとやるところ」という先入観がなくなったほどだ。その後、授業を楽しみながら勉強をがんばり、5年生の後半には最上位コースになった。
 6年生の後半からはSS特訓が始まり、志望校別に分かれたことで、同じ志望校の子たちと切磋琢磨し、最初は苦手だった国語の記述も書けるようになっていった。
 そして本番では国語だけは手応えがあり、合格できた理由の一つかもしれないと思うようになった。
☆入試のときのアドバイス

①睡眠をしっかりとる。

②「絶対合格する」という強い意志を持つ。

③前の試験の結果が悪そうでも気持ちを切り替える。

 受験生の皆さんへ。
 祈・桜咲く
 最後に、いつも支えてくれた両親、授業や激励の電話をしてくださった先生方、本当にありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ