受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 開成中学校

文武両道

T.Sくん

 ぼくは新4年生の2月からサピックスに入室しました。4年生のときは社会や理科に戸惑いながらも、ハイレベルな環境で勉強することができ、当時の自分にとっては刺激に満ちた楽しい毎日でした。
 そして、5年生になると校舎を移ることになりました。新しい校舎に無事なじむことができた矢先、6月のマンスリーテストでコース降級となってしまいました。あのときのことは、今思い出してもつらいです。新コースになったとき、ぼくが苦手だった社会を教えてくれていた先生が、最適な勉強方法をアドバイスしてくださいました。そのおかげで、社会の偏差値が上がり、コースももとに戻すことができ、自分の中で最大の武器になりました。
 6年生になり、ぼくはある決断をします。それは野球と勉強を両立するということ。そして、ぼくは「できる限り、どちらもやり切ろう」と決めました。しかし、そう簡単にはいきません。野球によってGS特訓、土曜志望校別特訓、SS特訓、サピックスオープンなどをほぼ欠席せざるを得なくなり、限られた時間のなかで家庭学習をこなす必要がありました。しかし、社会の先生などの励ましもあり、成績を維持できたので、12月まで好きな野球が続けられました。
 そして迎えた入試で、灘中を受けて不合格になってしまったときはがっかりしました。しかし、友だちや先生に励ましてもらったおかげで立ち直り、無事、第一志望校に合格することができました。これまでぼくが文武両道を貫けるように指導してくださった先生方や応援してくれた方々、両親に感謝しています。
 そして、入試を控える皆さんは、ぜひ努力して恩返しをするつもりで入試に臨んでください。あきらめないでください。そして、楽しんできてください。「さぴあ」などで良い知らせが届くのを待っています。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ