受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 慶應義塾普通部

「嫌い」から「楽しい」に変わった受験勉強

H.Iくん

 慶應中等部の入試が終わった後、母が父からのメールを見て、ぼくに合格を伝えた。この合格までの道を今から伝える。
 ぼくは3年生の夏ごろ、サピックスに入った。しかし、ぼくは3年生から5年生まで勉強が大・大・大嫌いで、サピックスに行くのもとても嫌だった。そして6年生になり、先生や教室内の空気が一気に重くなった。ぼくはこの空気が怖くて、余計にサピックスに行くのが嫌になった。そんななか、先生が入試について簡単に話した。そしてぼくは、合格発表の掲示板の前に立っている自分を想像した。そうすると、ぼくは震えた。このまま普通に課題をこなすだけの自分では、どこの学校にも受からずに落ちてしまう。そんな姿を想像したら、ぼくのやる気に最強ボタン的なスイッチが入った。そして、ぼくは夏期講習を迎えたのだ。
 夏期講習では、まず課題の量がエグい。だから、算数や理科は授業中に理解しなければならない。あとは、夏期講習は午後なので、夜と午前に集中することが大事だ。しかし、ずっと張り詰めていると、人間だから疲れてしまう。そのため、ぼくは授業を楽しんだ(けっしてふざけているわけではない!!)。しかし、これが本当に大事である。
 そして、入試直前の勉強法はとにかく復習である。寝る前の少しの時間や、移動中や休憩中など、そういうときに「コアプラス」や「データバンク」などの勉強をやる。それでもやる気が出なかったら、先生たちに合格の知らせをする自分を想像してみれば、やる気が出るはずだ。
 最後に言いたいのは、先生の言うことをちゃんと聞いて実行することだ。先生は何十期にもわたって合格者を出している人である。つまり、入試の攻略本である先生の話を聞けば、合格に近づくはずだ。最後は体調管理をしっかりして、ご飯を食べれば大丈夫だ。
 ぼくを支えてくれた両親や先生方、ありがとうございました。みんながんばってね。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ