受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 慶應義塾普通部

モチベーションを大切に

A.Mくん

 「ヒャア!!」
 慶應大学三田キャンパスの中庭で慶應普通部の合格発表をスマートフォンで見たぼくは、すっとんきょうな声を上げてしまった。なんと、第一志望校の普通部に合格していたのだ。
 ぼくがサピックスに入室したのは、新4年生の2月だ。真ん中より少し上のクラスからのスタートだったが、初めての組分けテストで驚愕の低偏差値をたたき出し、入室早々、もうやめようかと思ってしまった。しかし、このままでは悔しいと思い直して勉強し、すぐに真ん中のクラスまで戻ることができた。そこからはあまり復習もせず、だらだらと同じような位置をさまよっていたが、新6年生の組分けテストで偏差値が5も上がったことがモチベーションとなり、勉強に励むようになった。サボってばかりだった「基礎力トレーニング」を毎日やり、やるべきことや復習にも真面目に取り組んだ結果、偏差値は50台後半になっていた。5年生までのぼくは、どのテストも受けっぱなしだったが、6年生になってからは帰宅後すぐに自己採点をし、見直しもした。授業後の質問教室もよく利用した。どこか他人事だった受験を真剣に考えられるようになった。
 しかし、最後のサピックスオープンで大失敗してしまう。膝から崩れ落ちるような気持ちになったが、悲しんではいられない。気持ちを切り替え、残りのSS特訓、冬期講習、正月特訓とコース上位をキープした。がむしゃらに勉強した直前期に、受験生活において見直しの重要さを実感した。
 とうとう2月1日。得意の文系科目はよくできたものの、理系科目はとても難しく、半ばあきらめたような気持ちになったが、午後の面接・体育実技と、最後まで気持ちを切らさずにがんばった。
 そして2月3日の合格発表で、自分の番号を見つけたときは信じられない気持ちだった。この合格は、やればできるという自信をぼくに与えてくれた。そしてサピックスは、ぼくに全力でがんばることの大切さを教えてくれた。
 最後に一つ。SS特訓の席順は裏切らない!!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ