受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 駒場東邦中学校

駒場東邦のポイント

T.Tくん

 ぼくは校風や、理科室が九つもあることなどにひかれ、駒場東邦中をめざすようになりました。4年生の冬期講習からサピックスに入室しましたが、最初のころは苦手な社会が伸びず、いちばん下のクラスにとどまったこともありました。しかし、得意である算数と理科を伸ばしていき、6年生の夏の終わりには合格可能性を50%にまでもっていくことができました。それから苦手な社会をとことんやり、入試当日には基礎をすべて覚えたわけではないものの、少し自信が持てるようになりました。
 入試本番では得意な算数が難しく、苦しみました。しかし、入試前に本気でやってきた社会が生きてきて、知っている問題がとても多くあり、助かりました。
 結果を見に駒場東邦に行く途中、友だちが喜ぶ姿を見つけ気分が押しつぶされそうでしたが、自分の受験番号を見つけたときはうれしくてたまらなかったです。
 ここでぼくの経験を踏まえて、駒場東邦をめざす人へアドバイスを書きます。
①苦手科目をつくらない。
 受験では、ぼくのように得意科目が難しかったなど、何が起きるかわからないので、意識することをお勧めします。
②空欄をつくらない。
 これは何度も言われた人や聞いたことがある人がいると思いますが、とても大事です。特に駒場東邦の国語は記述が多いので、過去問などを解いて慣れておくとよいと思います。
③復習を優先する。
 復習した問題が入試に出ることもあるからです。
④計算問題を多く解く。
 ぼくはこれがいちばん大事だと思います。なぜなら、計算問題を多く解くことによって、多くの差がつく算数でミスが少なくなり、得点につなげられるからです。また、理科の計算問題の役に立つこともあるからです。
 最後に、駒場東邦を受験する皆さんへ。入試では塾のクラスなどは一切関係ないので、自信を持ってください。
 そして先生方、今までありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ