受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 ラ・サール中学校

最高のゲームセット

S.Nくん

 ぼくに転機が訪れたのは5年生の春だ。それまでは、塾の課題は週末にまとめて終わらせ、塾のない日はいつも友だちと野球をしていた。しかし、学校が休校となり、家での時間が増え、今まで遊んでいた時間をできるだけ勉強に費やそうと決めた。塾に通っているほかのみんなもがんばっているだろうと思ったからだ。家庭学習に加えて今までやらなかった復習をし、デイリーチェックの点数が取れるようにがんばった。新型コロナウイルスが少し落ち着き、その後のテストでは、コロナ禍のときにがんばったのだから成績は伸びるだろうとぼくは思っていた。だが、成績は4年生のときと変わらず。このままのやり方でいいのか焦りながらも、寮のある学校に進学をして野球をがんばりたいと決意した。ぼくは算数が苦手だった。授業のない月曜日は入試でよく出る算数の単元に取り組み、とうとう最後の夏がスタート。ぼくは二つの目標を立てた。
①算数のデイリーチェック170点以上。
 →自分でコピーをして苦手単元は何度も。
②理科の「コアプラス」のテスト80点以上。
 →とにかく読む! 読む!
 担当してくださった算数の先生には、いつも授業後に質問をして苦手な分野にも一緒に取り組んでもらい、夏期講習も歯を食いしばってがんばり続けた。低迷していた成績も少しずつ上がってきた。嫌いだった図形問題もたくさん問題を解くことで点数が取れてきたころ、受験本番を迎えた。そして無事に第一志望校のラ・サール中に合格。入試が終わったとき、正直言って合格は厳しいと思っていた。でももう一度、今から同じ問題を解いたとしても、まったく同じ答案になる自信があったから悔いはなし。入試前日まで過去問を解き続けたことが、その自信につながったように思う。だから驚いたと同時に、本当にうれしかった。ラ・サール中では勉強も野球もがんばります。家族のみんな、サピックスの先生方、最後までありがとうございました。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ