受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 灘中学校

偏差値40台から灘中合格

M.Oくん

 ぼくは新1年生の初めから双子の兄と共にサピックスに通い始めました。初めてのテストは偏差値40台で、それからも40台をたびたび取ることがありました。6年生の志望校判定サピックスオープンの1回目でも、偏差値は40台で、第一志望校と第二志望校の合格可能性が20%という絶望的な結果だったこともありましたが、偏差値はだんだん上がっていきました。もともとは関東の学校を受験するつもりでしたが、6年生の4月から関西受験に変更し、苦手だった社会科を除く3科に集中したことがよかったのかもしれません。
 受験が近くなってもあまり緊張しませんでしたが、当日になって学校に入ると緊張しました。しかし、試験中は集中すればそれほど緊張せず、無事に2日間を終えることができました。
 また、SS特訓の志望校対策プリントの間違ったところは何度もやり直して、正解するまで解いて、しっかりと算数の力を上げていきました。これはサピックスの算数の先生が母に「志望校対策プリントを完璧にすれば、どの学校でも受かる」と言ったからでした(ぼくは一つ落ちてしまいましたが)。ここで皆さんに伝えたいことは、その教科の先生の言うことはできる限り守るということです。先生はその教科において中学受験をよくわかっているので、ほとんどの場合、言うことは正しいからです。
 ぼくが第一志望校に合格できたのはサピックスの先生方や受付の方、警備員の方のおかげです。本当に深く感謝しています。
 そして、ぼくは合格者最低点の1点上という本当にすれすれで合格したので、皆さんは1点でも2点でも多く点数を稼げるよう、心がけてください。
 祈・合格

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ