受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 芝中学校

書いて最後まであきらめない

H.Uくん

 ぼくが初めて芝中の学園祭に行った日、生徒みんなが楽しくしているところを見て、芝中が好きになりました。そう思ったのが受験をしようと決めたきっかけです。ぼくはサピックスに入ってから、算数は良い点数が取れていましたが、社会と理科の点数があまり伸びませんでした。ぼくは書くことが苦手で、先生や親からも「書いたら社会や理科の点数が上がる」と言われてもあまり書けず、6年生の6月あたりからやっと書き始めました。最初は面倒くさいと思っていましたが、だんだん点数が取れるようになっていき、うれしかったです。そしてぼくは、やっと書くことの大切さがわかりました。後期に入り、ぼくは書くことのほか、基礎をがんばるために毎日「基礎力トレーニング」「コアプラス」「漢字の要」をやりました。
 そして本番の2月1日、芝中は不合格でした。とても悲しかったけれど、そこでずっとくじけていないで次の日のことだけを考えて寝ました。そして翌日2月2日、高輪中に合格できてとってもうれしかったです。芝中2回目の2月4日の朝、ぼくは今までがんばってきたことだけを考えて受験に臨みました。そして合格することができました。このとき、ぼくは今まで自分を支えてくれた親、先生そしてサピックスに感謝の気持ちでいっぱいで、とてもうれしかったです。ぼくは受験を通じて、書く大切さと最後まであきらめない気持ちを学びました。これから受験する皆さんも書いて、あきらめずにサピックスを信じれば、きっと合格できるので、がんばってください。

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ