受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 東京都市大学付属中学校

間違ってもいい、でもあきらめるな

A.Sくん

 2月1日、午後10時30分過ぎ。
 「やったー! 受かったー!」
 この喜びに至るまでの経緯を読んでくださっている皆さんにお伝えします。
 新4年生の2月にぼくの受験生活はスタートしました。最初の授業は算数Aの授業で、当時はまだ筆算がきちんとできず、テストで低い点数を取ってしまいました。家に帰ってベソをかき、後日父が買ってきたドリルを泣きながら解いたのを覚えています。そのかいあって、次の授業からは筆算を使うことができるようになりました。
 初めて解く問題、または初めて見る解き方などに出合ったとき、最初は誰しも間違えます。でも大切なのは、「いかにその問題と向き合い、解き直しをして、マスターすることができるか」。これが大事になってきます。
 実際に最初は下のほうのクラスでしたが、こうやって少しずつ解ける問題が増え、クラスも上がりました。しかし、そこで気をゆるめてしまったと同時に、クラスと成績はがくんと落ちてしまいました。こうなったら打つ手は一つしかなく、また前のような方法で勉強をするだけです。このように勉強の仕方一つで成績は変わってしまいましたが、本番が近づくにつれて、また成績が上がってきたように思います。
 迎えた受験当日。第一志望校は午後入試だったので、午前受験からの疲れで試験中の意識はもうろうとしていました。終了後、母に「どうだった?」と聞かれても、何も答えることができませんでしたが、それほど熱心に解いていたんだと思います。受験が2月1日で終わり、少しあっけない気もしましたが、第一志望校に無事合格できたので何よりです。
 こんな感じの受験生活でしたが、皆さんに伝えたいことは「解き方、勉強方法など、初めは間違ってもいいが、あきらめちゃだめ」。これだけ。応援しています。ファイト!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ