受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 東大寺学園中学校

偏差値30台から東大寺合格

Y.Oくん

 ぼくは新1年生の2月から双子の弟と共にサピックスに通い始めました。そして、3年生のときに東京から神戸に引っ越しました。6年生になるまでは勉強が嫌いで、大学受験をしたくなかったので東京の大学附属校を受けようと思っていました。しかし、6年生になるころには成績が上がってきたので少しやる気になり、関西の進学校を受験することを決め、社会科以外の3教科の学習に専念しました。
 受験当日のアドバイスをします。ぼくは受験票を同じ大きさに切ったクリアファイルに入れて、マスキングテープで机に貼りました。机が狭いと、落としてしまうかもしれません。実際に、落としている人を見ました。あともう一つは、ラムネを持っていき、休憩時間に食べました。とてもおいしかったです。
 ぼくが受験した学校のことを書きます。まず、函館ラ・サール中の大阪会場では、机が広くて快適でした。始まる前は保護者も試験会場に入れたので、母に確認してもらい安心できました。灘中では本館の前にYouTubeをやっている先生を見つけて、少しリラックスできました。机といすが合体していて少しやりづらく、しかし灘の入試を受けた2日間でそれに慣れてしまったのか、その後に受けた学校ではいすが動かせることを忘れていました。灘の2日目の午後に受けた高槻中では、意外と疲れを感じませんでした。東大寺学園中はチャイムの音が小さかったです。結果は、灘の1日目の算数と国語が悪く、落ちてしまいました。
 1日目の算数と国語が悪かったのは、ケアレスミスをしてしまったのと、語彙力が不足していたせいだと思います。皆さんは「基礎力トレーニング」でミスを減らして満点をめざし、「言葉ナビ」などで語彙力をつけてください。
 祈・合格

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ