受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

最新中学入試情報

2022年度中学受験  サピックス小学部第29期生/受験体験記

進学校 筑波大学附属駒場中学校

初志貫徹

R.Yくん

 2月5日15時0分2秒。ぼくが筑波大附駒場中の合格を知ったときの達成感は忘れ難い。これでぼくは5戦5勝を達成した。合格の秘訣はこの五つだ。

①先生を信じ、やるべきことをやる!!

 当たり前のことだが、先生の言うことを信じ、与えられた課題と過去問はしっかりやろう。灘や筑駒などというと、激ムズの問題しかない、と思い込む人が多いが、基礎的な知識で解ける問題も少なくはない。故に、易問から超難問まで、たくさんの問題に当たり、知識という楯と応用力という武器を手に入れてほしい。

②自分の弱点に向き合い、地道に克服する!!

 たくさんの問題に当たるからといって、解き直しを怠るのは間違い。間違えた問題こそ、自分が深く理解し定着するまで鍛錬するべき。それで得た力を授業の演習で発揮し、その力を確実なものにする。もしできないなら、質問教室を利用して解決。この繰り返しで、どんな難問にも対応できるようになる(捨て問は例外)。

③寝る以外は勉強!!

 6年生の夏・秋・冬に遊ぶのは絶対に駄目!! いったん興奮すると、勉強に身が入らなくなる。どこでも勉強!! この勢いを貫くこと。しかし、学校には行くように。生活にめりはりがつき、勉強に集中しやすくなるため。規則正しい生活を送ろう。

④テストの成績が悪くてもあきらめない!!

 テストの失点の原因はくだらないミス。解き直せば学力は上がる。落ち込む時間はない!!

⑤本番ではリラックス。「始め」で全集中!!

 本番でがちがちになると、思うように力が出せない。まるで家にいるかのようにリラックスすることが第一。会場に着いたら、トイレに行って自分を落ち着かせる。そして心に誓うのだ。「いつも自分の背を押してくれた家族、師に感謝し、今まで努力してきた自分を信じ、一緒に努力してきた友とともに、全身全霊でたたかい勝つ!!」と。会場ではこまめに軽食をとり、トイレに行く。前の科目の出来にとらわれずに、最後までたたかおう。いつもどおりにたたかおう。
 初志貫徹した人が1月・2月の勝者だ!!

 前の体験記 | 男子校目次に戻る | 次の体験記 

2022年度中学入試 
親子で歩んだ
受験の軌跡
男子校女子校共学校

ページトップ このページTopへ