受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

SCHOOL LIVE! スクールライブ!

(「17年9月号」より転載/17年8月公開)

江戸川女子中学校・高等学校/「天の川」という全体テーマの下、
力を合わせ、みんなが輝いた「かたばみ祭」

 7月1日(土)・2日(日)の両日にわたり、江戸川女子中学校・高等学校の「かたばみ祭」(文化祭)が行われました。古代の女性は、かたばみの葉で鏡を磨いていたという説から、同校では「心の鏡を磨く」ことをモットーとして、かたばみを校章にかたどっています。文化祭も、それにちなんで「かたばみ祭」。在校生たちは、日ごろ磨いているクラブ活動や学習のすばらしい成果を見せてくれました。

パティオや新しい大ホールで 魅せたすばらしい練習の成果

パティオで行われたモダンダンス部の演技。美しいポーズが決まるたびに、テラスから拍手が巻き起こります  「かたばみ祭」は生徒会が中心となって実施する学校行事で、クラブ活動の発表や、学年・クラス単位での企画・展示が行われます。今年の全体テーマは「天の川」。「天の川は無数の星が集まってできている。ここでいう無数の星とはわたしたちのことだ。わたしたち自身は一人だけれど、集まることで天の川のように美しくなり、人々を感動させることができるのだと思う」という意味が込められています。

 編集部が取材した7月1日は朝から雨模様でしたが、在校生の保護者や受験希望の小学生など、多くの見学者が訪れました。美しいステンドグラスとアーチに彩られたエントランスから校内に入ると、大理石の柱と繊細な装飾の手すりを持つ階段が印象的なエントランスホールが広がっています。ここでパンフレットなどを受け取って校内へ。来場者がまず目にするのはパティオ(中庭)です。ふだんなら、ランチの特等席となるパティオですが、かたばみ祭では、朝から順に、マンドリンギター部、中学吹奏楽部、高校吹奏楽部、弦楽部と吹奏楽部によるオーケストラ、モダンダンス部、合唱部、バトン部が公演する予定になっています。しかし、雨天の際は、パティオの地下に設けられたアリーナ(体育館)での公演となります。この日は、昼頃から雨が上がったため、モダンダンス部からパティオでの公演となり、このパティオを囲むように建てられた校舎のテラスや窓からも、たくさんの来場者や在校生が熱い声援と拍手を送っていました。

 また、同校では大ホール・体育館・武道場が併設された「かたばみ会館」が3年前に完成しました。その最新音響設備が整った1000名収容の大ホールでも、この日は筝曲同好会、モダンダンス部、放送部、マンドリンギター部、合唱部、演劇部などが演奏・演技を披露します。編集部が到着したときは、ちょうど合唱部が公演中で、息の合った美しい歌声が響き渡っていました。

かたばみ会館の大ホールで行われた合唱部のコンサート。美しいハーモニーを響かせました 「軽井沢校外学習」をテーマにした中1の学年展示。来場者にとってもいろいろな発見がありました 「南信州体験学習」をテーマにした中2の学年展示。田植えを疑似体験できるコーナーも
中学生は学年単位で 宿泊行事の調べ学習の成果を展示

 各教室では、文化系のクラブ活動をはじめ、中学生は学年単位で、高1・2はクラス単位で企画・展示を行いました。中1の「軽井沢校外学習」の教室に入ると、まず受付の生徒たちが「こんにちは」と元気なあいさつで迎えてくれます。教室内には、富岡製糸場、白糸の滝、浅間山、軽井沢の気候・歴史・動植物などといった項目ごとに巨大なジオラマや模型が展示されているほか、調べ学習の内容をまとめた模造紙が掲示されています。生徒の一人に、この校外学習の感想を聞くと、「5月末に2泊3日で行われる軽井沢校外学習は、入学して初めての宿泊を伴う行事です。みんなが仲良くなれて、とても楽しかったです」と笑顔を輝かせます。「事前に調べてから現地に行き、帰ってきてから、みんなで意見を出し合ってまとめる作業をしました」と、ていねいに説明してくれました。

中学と高校に分かれて入試相談会を実施。中学入試相談会では、在校生が学校生活の本音を語りました 同様に、中2は「南信州体験学習」、中3は「京都・奈良修学旅行」について、それぞれ一つの教室を使って展示を行いました。中2の展示では、お城の模型や巨大な聖ヨハネ教会堂の模型が目につき、一生懸命に製作した跡が見て取れます。中3の教室でも銀閣寺の巨大模型が展示されていたほか、奈良の鹿や法隆寺などについて調べたことを記した模造紙も貼られており、各クラスの代表が来場者の前でプレゼンテーションする姿も見られました。

 クラブ活動の展示・発表では、茶道同好会が広い和室で見事なお点前を披露しました。また、囲碁・将棋同好会の部員が小学生と対局。筝曲同好会では、部員たちによる演奏や、琴の体験会も実施。理科同好会ではスライム作りなどの体験実験を行ったほか、部員が手作りした葉脈標本のしおりも販売し、人気を呼んでいました。


出口付近には今年の全体テーマ「天の川」をイメージした装飾があり、記念撮影スポットになっていました
 中学入試相談コーナーも設けられ、先生方が個別相談に応じる一方、高1生が学校生活を紹介する時間も設けられました。受験生や保護者の方からは、宿題をするのにかかる時間や補習の有無などについて質問がありましたが、説明担当の生徒たちは、自分の体験談も交えながら的確に答えていました。

 初めての来場者にもわかりやすい道案内となったのは、企画・展示を行う団体名・内容・場所などが書かれ、わかりやすく編集されたパンフレットです。受験生のために行った在校生アンケートの結果など、“江戸女”の素顔を教えてくれる貴重な情報が満載です。

 全体テーマ「天の川」のように、在校生一人ひとりの光が集まって、大きな輝きを放った今回の「かたばみ祭」。訪れたすべての人が、同校の魅力を実感できたのではないでしょうか。

ハンドクラフト同好会では、小学生たちがデコレーションマカロン作りに挑戦
初めて触れる琴に、小学生たちは興味津々の様子。『さくら』などの曲にチャレンジ
書道部の活動は週2日。専用の別館で活動しています

《学校のプロフィール》

江戸川女子中学校・高等学校

所在地 〒133-8552 東京都江戸川区東小岩5-22-1
     JR総武線「小岩」駅より徒歩10分、
     京成線「江戸川」駅より徒歩15分
TEL 03-3659-1241
H P http://www.edojo.jp 別ウィンドウが開きます。

《各種行事日程のお知らせ》

学校説明会(予約不要)
  9月  9日(土)14:00~
10月14日(土)14:00~
11月11日(土)10:00~
12月  2日(土)10:00~
※説明会終了後、校内見学と個別相談可。
 10/14は在校生が案内
入試問題説明会(要予約)

  9月30日(土)14:00~

学校見学(要予約)
月曜~土曜の毎日実施

ページトップ このページTopへ