受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

スクール情報

(「18年1月号」より転載/17年12月公開)

フェリス女学院中学校・高等学校 フェリス祭 11月2日(木)・3日(金・祝)

バラエティー豊かな展示で、最高にハッピーなフェリス祭

この日のために練習に励んできた管弦楽部員たち。『コラールとフーガ』『眠れる森の美女』を見事に演奏しました  11月2日と3日の2日間にわたり、フェリス女学院中学校・高等学校のフェリス祭(文化祭)が開催されました。今年のテーマの「Felicity」には、「至福」と「Ferris+City」の二つの意味があり、「最高にハッピーになれる文化祭にしたい」という生徒たちの思いが込められています。

 編集部が訪問したのは、文化の日の3日です。正門を入ってパンフレットを受け取り、まずはパフォーマンス会場のタイムテーブルをチェック。体育館では体操部やバドミントン部などの運動部が日ごろの練習の成果や試合を披露しています。カイパー記念講堂では、管弦楽部や聖歌隊、演劇部、英語部などの発表が行われるほか、教室内に設けられた特設会場では、毎年のど自慢やものまねなどで大いに盛り上がるイベントが繰り広げられている「生徒ステージ」、ガールズバンドの演奏が楽しめる「視聴覚部門」があります。

廊下や教室の前には、ちぎり絵などの見事なアート作品が並び、来場者を出迎えます。美術部が制作した北斎を模写した切り絵は見事な出来栄えです 地下1階にある体育館へ行くと、体操部の生徒たちが華麗な技を披露していました。この春から練習を始めた中1たちが紹介され、音楽に合わせた床の演技が始まると、会場からは大きな声援と手拍子が送られました。

 体育館を出てカイパー記念講堂へと向かうと、管弦楽部のステージを待つ来場者の長い行列ができています。今年は中1から高2まで総勢97名が、『眠れる森の美女』などの演目を披露。その演奏の迫力とレベルの高さに、来場者たちはみんな驚いています。1曲目が終わっただけで、講堂には割れんばかりの拍手が響き渡りました。

 各教室では、クラブや同好会、有志団体などが力の入った展示や体験、実演を行っています。毎年恒例のポスター展は、インパクト賞、アイデア賞、ハイクオリティ賞の三つを来場者の投票で決めます。ポスターとはいっても、その形態は実にユニーク。多くが立体的に作られているだけでなく、電気で光っているものから動くものまであり、ポスターの前に集まった大勢の人たちは、どれに投票しようかと迷っています。

体育館で行われた体操部の演技。中1たちの息の合ったパフォーマンスに、会場から大きな声援が上がります 「理科三姉妹」と称する、化学部、生物部、天文部の実験や展示は今年も大盛況です。化学部では、イオン、酸・アルカリ、触媒の三つのテーマに分かれて、文化祭に向けて行ってきた実験と考察の結果を発表。小学生にもわかるように、実演を交えながらていねいに説明してくれます。

 ハンドベルや生け花、かるたなどの参加・体験コーナーも来場者の人気を集めています。ハンドベルの演奏体験では、子どもたちだけでなく保護者の方々も練習に参加し、優しく指導をしてくれるフェリス生との協演を楽しんでいます。数学部では、数学や算数に関する独創的なクイズやパズルを載せた『未知との遭遇』と題した冊子を配布。大人も子どもも興味津々で問題に挑戦していました。

「理科三姉妹」の化学部・生物部・天文部では、展示のほかにも実験や解剖、プラネタリウムなどの体験もあり、小学生の人気を集めています 食堂部門も充実しています。毎年人気の抹茶と和菓子を用意した茶道部や、本格的な料理をレストラン形式で提供する料理部には行列ができています。ほかにも、2号館3階では、おにぎりやサンドイッチ、ハンバーガーなどを売る模擬店もたくさんあり、こちらでは並ばずに、同階に設けられた広い休憩スペースで食事を楽しむことができました。

 夏休み前から精いっぱいの準備をしてつくり上げた、個性あふれる発表や展示、装飾の数々。そして、明るくていねいなもてなしで来場者を迎えてくれたフェリス生たちの姿に、魅力の詰まった「フェリスの街」を感じた楽しい一日でした。

晴天に恵まれた11月3日の文化の日。朝9時の開門前から大勢の人が詰め掛けました 料理部のレストランは、毎年趣向を凝らしたおいしいランチセットを提供する人気の模擬店。今年も大勢の来場者が開店前から列を作りました 投票で賞を決めるポスター展示。多くは立体的に作られ、なかには動くものまであり、驚かされます
新聞部では貴重な第1号から現在までの新聞を展示。1930年創刊で90年近い歴史を誇ります 「生徒ステージ」では生徒たちが元気いっぱいにのど自慢やものまね対決、ダンスバトルなどを繰り広げ、会場を大いに盛り上げました ハイキング部では活動の様子を写真に収めたアルバムを展示。来場者たちは物語風にコメントなども書き込んである手作りのアルバムを楽しんでいます
今年のフェリス祭のイメージキャラクターはネクタイを結んだ愛らしいライオン。オリジナルの缶バッジも作られています ハンドベルの体験コーナーではフェリス生たちが小学生たちに優しく指導。保護者も一緒になって美しい音色を楽しんでいます

ページトップ このページTopへ