受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

スクール情報

(「20年1月号」より転載/19年12月公開)

甲陽学院中学校 音楽と展覧の会 11月3日(日・祝)

新時代への「船出」がテーマ 午前は講堂で音楽会を開催

正門をくぐると、歓迎の風船と看板が迎えてくれます。受付では生徒がパンフレットを配布

 甲陽学院中学校の「音楽と展覧の会」(文化祭)は例年、文化の日の11月3日に開催されます。同校は中高一貫の男子校ですが、中学校と高校は別の場所にあるため、学校行事は中高それぞれ別に実施されます。そのため、この日の企画・運営はすべて中学生が担当。高校生には頼らず、中学生だけでつくっていきます。今年も、各学年の生徒で構成される「音展委員」が中心となって、全校生徒が時間をかけて準備を進めてきました。

 第50回となった今年のテーマは、「船出 ~新しい時代へ~」。令和最初の開催ということもあり、未来へと力強く進んでいく“船”をイメージしています。正門をくぐって東校舎を入ったところにある吹き抜けスペース「光庭」には、テーマをかたどるモニュメントが登場。大迫力のガレー船が、訪れる人々を迎えました。もちろん、これも生徒による手作りの作品です。

 午前中のメインイベントは、講堂で開かれる音楽会です。2017年に建て替えられた真新しい講堂は、約1100人収容の本格的なホールを完備。客席が1階と2階に配置され、ゆったりと鑑賞できます。音楽部のリコーダー合奏で始まったプログラムは、生徒有志によるピアノやバイオリン、フルートの演奏のほか、クラスごとの器楽合奏が次々と披露され、音楽に浸る半日を楽しませてくれます。そのレベルの高さはなかなかのもの。ステージ上でスポットライトを浴びて演奏する生徒たちに、客席からは惜しみない拍手が送られていました。

学年展示や作品展から 部や同好会のブースまで

社会Ⅱ部の鉄道模型は毎年大人気。夢中で見入る子どもがたくさんいました

 講堂での音楽会の一方、東校舎と西校舎を会場にした展覧の部も大いに盛り上がりました。学年ごとの展示では、合宿や研修の様子が写真や作品で掲示され、生徒たちが生き生きと活動する姿が伝わってきます。社会科・理科(生物)・家庭科・美術・技術の作品展では、日ごろの学習の成果がよくわかる作品が展示されていました。

 文化部や同好会の、趣向を凝らした企画も見応え十分です。生物部は階段教室でブタの眼球やマウス・カエル・イカの解剖を実演。中1の部員が解剖する手元をスクリーンに映し出し、説明役の部員がわかりやすく解説していきます。これは毎年人気の企画で、今年も広い階段教室いっぱいに固唾をのみながら解剖を見学する小学生が大勢いました。隣接する生物実験室でも実験の結果をまとめたパネル展示が行われたほか、廊下では昆虫標本が展示され、熱心に見学する親子連れが後を絶ちませんでした。

 すぐ近くの化学実験室では、化学部がさまざまな実験を披露しました。人工イクラの作り方など、テーマごとに実験や展示が見られるとあって、こちらも多くの来場者をくぎ付けにしています。

 部員との対局に挑戦できる将棋部には、将棋ファンが次々とやってきました。順番を待って部員との対局を果たした小学生の男の子は、残念ながら負けてしまいましたが、「楽しかった」と満足そう。「もう一回やってみたい」と闘志を燃やしていました。

 精巧に作り込まれた鉄道模型が例年大人気の社会Ⅱ部(鉄道研究部)では、大人も子どもも一緒になってジオラマの中を走る列車を楽しみました。また、折り紙同好会では、部員渾身の作品展示や折り紙を使ったトントン相撲が人気を集めました。すべての展示を見て回るには時間が足りないほど、どの部も同好会も魅力のあるブースをつくり上げていました。

子どもたちの人気を集めた 運動部のアトラクション

折り紙同好会が企画したトントン相撲。「勝った」「負けた」と盛り上がりました

 午後からは体育館で、運動部によるアトラクションが開かれました。野球部やバスケットボール部、サッカー部など、10の運動部がそれぞれに体を動かして楽しむアトラクションを実施。剣道部では防具を着けた部員の頭上に置いた風船を竹刀で割る「風船割り」が、卓球部では卓球台の紙コップをピンポン球で狙う「紙コップ当て」が楽しめます。

 当日はスタンプラリーを実施しており、アトラクションを回るごとにスタンプが集まるということもあって、体育館はいくつものアトラクションに参加する子どもたちの熱気であふれていました。一角には運動部の紹介コーナーもあり、各部の活動の様子がパネル展示に。文化部の活躍ぶりに負けてはいない運動部のパワーを感じます。

 体育館では同時に、各クラスがこの日のために制作したモザイク作品を展示。投票によって順位が決定するコンテストも実施されました。クラスごとの個性が際立つ作品はどれもよくできていて、生徒たちの多才さをうかがわせました。

 校舎内を歩けば、階段や廊下、ウォータークーラーにまでカラフルな装飾が施され、お祭り気分を楽しく盛り上げてくれます。音楽会や展示内容のすばらしさはもちろん、おもてなしの心を持って明るく礼儀正しく迎えてくれた在校生の姿が印象に残った甲陽学院中の音楽と展覧の会。来校した小学生には、あこがれの“お兄ちゃん”にたくさん出会えた一日になったのではないでしょうか。

部員と対局ができる将棋部のコーナー。ルールを教わりながら指す子もいました 美術作品展では、1年生は写生、2年生はモザイク、3年生は点描と段ボールの船を展示 生物部では階段教室を使った解剖も実施。手元を映しながら、部員がわかりやすく解説します
今年のテーマ「船出」をイメージしたモニュメント。精巧なつくりです 剣道部の風船割りアトラクションを楽しむ子どもたち 体育館ではクラスごとに作ったモザイク作品のコンテストも
運動部のコーナーでは、各部の特徴や競技の魅力を紹介 「すごい」と子どもたちが熱心に見ていた生物部の昆虫標本 レゴを使った作品が並んだLEGO同好会の展示。部員に作り方を質問する子もいます
午前中に開催された講堂での音楽会。聞き応えのある演奏が続きます 実験や研究を披露・展示した化学部。説明も堂に入っています

ページトップ このページTopへ