受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

Spotlight

(「17年10月号」より転載/17年9月公開)

さらに充実した英語教育と国際交流
多様な価値観に触れ、将来の可能性を広げる

 「捨我精進」という建学の精神の下、生徒の主体性や協同性を育む「協同探求型授業」を展開する田園調布学園中等部・高等部。従来から英語教育、国際交流に力を注いできましたが、今、求められている「4技能」にも対応するため、さらに充実したプログラムへと改革を進めています。この取り組みについて、教頭の清水豊先生、英語科担当の平福かおり先生、西尾茉以世先生にお話を伺いました。

独自の授業やネイティブ教員との交流で実践的な英語力を伸ばす

中等部の英会話の授業。ネイティブ教員と一緒に楽しく学びます  ネイティブの教員による英会話の授業は、中等部で週に1回行われます。中1・2ではレシテーションやスピーチに挑戦し、中3ではプレゼンテーションを実施します。テーマは『人に伝えたいこと』。「拙い英語でも何とかして伝えようという思いが感じられました。友だちの発表を聞いて刺激を受け、自分もがんばるという効果もあります」と平福先生は話します。

 高1では、ネイティブ教員がプランを立てた独自の授業が行われます。1時間目には、あるテーマの動画を見て、リスニング、書き取りをして内容をつかみます。2時間目にそれについてグループでディスカッションを行い、3時間目にプレゼンテーション。この3回1セットの授業を、違うテーマで繰り返します。生徒同士のディスカッションは日本語ですが、それ以外はすべて英語。生徒たちには「やらされている感じではなく、楽しく勉強できる」と好評です。最終的に高3では、社会的な話題に関してのディベートができるようになることを目標としています。

 また、昼休みや放課後に開かれる「English Room」では、ネイティブ教員とゲームや会話をして英語に親しみます。クリスマスなどのイベント、ディベート講座などが行われ、誰でも気軽に参加できるようになっています。英検®やTEAPのスピーキング対策として利用する生徒もいます。

 帰国生や入学時に英検®2級以上の生徒に向けては、ネイティブ教員による少人数の取り出し授業を行っています。現在持っている高いレベルの英語力をより一層伸ばすことが狙いです。

海外の生活で価値観の違いを実感 自分で問題を解決する力をつける

今年度のニュージーランド・ターム留学に参加した高1・2生9名  国際交流のプログラムとしては、中3の希望者を対象に、カナダまたはオーストラリアでのホームステイを実施しています。カナダでは現地の高校生と一緒にアクティビティーや大学訪問などに参加し、オーストラリアでは現地の高校に通い、通常の授業を受けます。

 さらに今年度からは、高1・2の10名程度を対象に、ニュージーランドでのターム留学を開始しました。4~7月の約3か月間、ホームステイをしながら現地の高校の授業に参加します。

 国際交流プログラムの目的について、清水先生は「価値観が違う人たちとのかかわりのなかで、自分で問題を解決する力がつく」、また西尾先生は「自分の要望を相手にきちんと伝えることが大切」と話します。勉強以外の生活のなかでの学びも大きな経験となります。

 「海外での貴重な経験を糧にして、生きる場所を世界へと広げてほしい」(清水先生)と、生徒たちにますます大きな可能性が広がっていきます。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。

《学校のプロフィール》

田園調布学園中等部・高等部

所在地:〒158-8512 東京都世田谷区東玉川2-21-8
交 通:‌東急東横線・目黒線「田園調布」駅より徒歩8分、
     東急池上線「雪が谷大塚」駅より徒歩10分
TEL:03-3727-6121
H Phttp://www.chofu.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

Information

学校説明会(要予約)
10月20日(金)10:00~
10月28日(土)13:00~
11月  1日(水)19:30~
入試直前学校説明会(6年生対象 要予約)
12月  2日(土)10:00~
12月  8日(金)19:30~
  1月10日(水)19:30~
体育祭
10月  7日(土)  9:00~15:30
定期音楽会
  1月25日(木)12:30~16:00

ページトップ このページTopへ