受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

Spotlight

(「18年10月号」より転載/18年9月公開)

カリタス女子
中学高等学校

視野を広げる英仏の複言語教育と、
思考力や表現力を磨くプログラムも充実

 キリスト教の精神に基づき、「祈る心」「学ぶ心」「交わる心」「奉仕する心」という四つの心を育む教育を実践し、他者のために行動できる人間の育成をめざすカリタス女子中学高等学校。学習面においては、主体的に学ぶ姿勢を養いながら、国際社会で必要となる語学力や表現力を高めているのが特色です。同校の教育内容について、入試広報委員長の引地一男先生に伺いました。

語学力と人間力を高める
「グローバル教育プロジェクト」

 外国語教育に力を入れるカリタス女子中学高等学校では、その時間を単に語学習得のためにあると考えるのではなく、世界の多様性を学ぶ契機としてとらえています。

中学では英語とフランス語が必修です  そんな同校では、フランス語が中学で必修となっており、週2コマ、4技能をバランス良く育成する授業が行われています。高校では第一外国語として履修することも可能で、フランスの高校との交換留学も行われています。英語とともにフランス語を学ぶことによって、アメリカ中心の英語文化圏だけでなく、芸術や自然科学の分野において世界を牽引するヨーロッパ文化にも触れることができます。「生徒たちは、英仏の複言語教育を通じて教養をより深めるとともに、バランスのとれた国際感覚を磨いています」と引地先生は話します。

 一方、英語教育については、少人数制授業によって、きめ細かい指導を徹底しています。また、入学時から一定の英語力を持つ生徒のために「英語既習者クラス」を設置して、より高度な授業を行っているのも特徴です。

 さらに、実践的な語学力を高めるために、交流会や研修など、多彩なメニューを用意した「グローバル教育プロジェクト」も展開。このプロジェクトには、ハーバード大学の学生とディスカッションをする校内研修のSLICE(Summer Life Changing Experience)のほか、カナダ研修やオーストラリア・ニュージーランドへのターム留学などがあります。これに加えて今年度より、マルタ島英語研修も始まりました。世界中から集まる研修生との交流から多様な価値観を学び、ボランティア活動にも参加するこの研修には、語学力の向上と合わせて、豊かな人間性を育む狙いもあります。

プレゼンテーションへの挑戦や
フィールドワークの機会も豊富

今年からスタートしたマルタ島英語研修。英語だけでなく、ヨーロッパの歴史や文化も学びます  同校は、記述力や表現力を高める教育にも注力しています。たとえば、国語科の学芸コンクール、社会科の年間研究レポート、理科の実習レポートのほか、グループワークやプレゼンテーションに挑戦する機会もたくさん設けています。

 また、理科の授業においても、実験や観察を重視。さらに、「調べる→まとめる→発表する」という一連のプロセスを通して生徒たちの思考力を高めるために、多摩川や多摩丘陵などに出かけてフィールドワークを行う「Tamalogy(タマロジー)」といった体験学習も実施しています。引地先生は「本校では、2020年度以降の大学入試改革で求められる語学力や思考力、表現力を、しっかりと養成しています。今後も、主体的に学ぶ生徒を後押しする教育環境を整備していきます」と結びました。

《学校のプロフィール》

カリタス女子中学高等学校

所在地:〒214-0012 神奈川県川崎市多摩区中野島4-6-1
交 通:JR南武線「中野島」駅より徒歩10分、JR南武線・小田急線「登戸」駅より徒歩20分、またはバス5分
TEL:044-911-4656
H Phttps://www.caritas.ed.jp/ 別ウィンドウが開きます。

Information

【学校説明会】

10月28日(日)10:00~

【入試説明・過去問説明会】要予約

11月23日(金・祝)9:30~、14:00~

【カリタスDEナイト】要予約

10月  3日(水)18:30~
11月  7日(水)18:00~
12月19日(水)18:00~

【カリタス見学会】

12月 8日(土)14:00~

【マルグリット祭(文化祭)】

  9月23日(日・祝)   9:30~16:00
  9月24日(月・振休)9:30~15:30

ページトップ このページTopへ