受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

Spotlight

(19年8月公開)

順天
中学校・高等学校

さまざまな競技で
学年を超えた絆を発揮
北斗祭(体育祭)を
6月16日(日)に開催

活力みなぎる
「覇氣(はき)」に満ちた北斗祭

学年やクラスを超えての一致団結を見せてくれた「色別対抗綱引き」。団長の掛け声に合わせて思い切り網を引きます

 6月16日(日)に、順天中学校・高等学校の新田グラウンドにて、中高合同の北斗祭(体育祭)が開催されました。本来の実施予定日だった15日はあいにくの雨で1日順延となりましたが、幸い当日は雨雲も去り、まぶしい太陽の光が降り注ぐ絶好の天候となりました。

 同校の体育祭は、中1から高3まで6学年縦割りの色別対抗で行われます。赤・白・青の3色に分かれたチームが優勝をめざし、さまざまな競技で総合得点を競います。

 雨の影響によるグラウンド整備の関係で、当日は30分繰り下げの8時50分開始となりました。開会式の後は、各チームの色の旗を掲げた団長を先頭に、入り口のアーチから選手たちが入場。元気な掛け声とともに圧巻の応援合戦がスタートしました。競技を盛り上げるためにチーム一丸となって行うこのパフォーマンスも、体育祭の見どころの一つです。

中3による「UFO」は、大玉を落としてしまうチームが続出。そのたびに笑いが起こるのも、競技のおもしろさです

 午前の部は、クラス全体リレーから始まり、4人1組で棒を持ちコーンの周りをUターンする「台風の目」、4人組で手をつないで真ん中に大玉を乗せて走る「UFO」、棒を自分の陣地まで引っ張って運ぶ「棒引き」などの競技が続きます。午前の部の最後を飾ったのは、高校男子による「騎馬戦」です。大声を上げながら相手チームに本気で挑む先輩たちの勇姿を見て、下級生の士気も高まったことでしょう。

 午後の部は、中学生の「よさこい」で幕を開けます。元気いっぱいの1年生、息ぴったりの動きを見せてくれた2年生に続き、最高学年の3年生は、よさこいリーダーが創作したという、工夫を凝らしたオリジナルの踊りを披露してくれました。

 午後の部の競技で特に盛り上がったのは、中高各クラスから選出された代表者が色別にチームを作って競い合う、「色別対抗綱引き」と「色別対抗リレー」です。チームのために死力を尽くして奮闘する選手たちに対し、観客から力強い声援や大きな拍手が送られていました。また、午前の部で予選を勝ち抜いた精鋭たちによる「クラスリレー」の決勝戦も白熱の戦いとなりました。

迫力のあるすばらしい演技は、会場の観客を魅了し、大きな感動を届けてくれました

 体育祭の“とり”を飾ったのは、高3有志による「よさこい」です。同校では中1から高3まで「よさこい」を踊るのが伝統になっています。かわいらしい中1から5年後の姿を連想させる感動的な高3の踊りは、保護者の涙を誘います。

 今年度の体育祭のテーマは「覇氣(はき)」。「あふれるばかりの意気、意気込み。覇者になろうという意気込み」という思いが込められています。そのことばのとおり、この日の生徒たちからは、燃えるような熱意とあふれんばかりのエネルギーを感じることができました。

中1全員によるクラス全体リレー。バトンの素早い受け渡しが勝利の鍵を握ります

審判団や用具係は生徒中心に構成されています。体育祭がスムーズに進行するためには欠かせない存在です

校長杯をかけた「大縄跳び」は、合計跳躍回数ではなく、3分間の最大連続跳躍回数で勝負します

《学校のプロフィール》

順天中学校・高等学校

所在地:〒114-0022 東京都北区王子本町1-17-13
交 通:JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子」駅、都電荒川線「王子駅前」駅より徒歩3分
TEL:03-3908-2966
H Pwww.junten.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

Information

学校説明会(要予約)

  8月31日(土)14:00~ 6年生対象入試問題対策:社会(5年生以下はクラフト制作)
10月26日(土)14:00~ 6年生対象入試問題対策:理科(5年生以下はクラフト制作)
11月16日(土)13:00~ 6年生対象入試問題対策:国語(5年生以下はクラフト制作)
12月14日(土)13:00~ 6年生対象入試問題対策:算数(5年生以下はクラフト制作)

オープンスクール(文化祭以外は要予約)

北斗祭(文化祭)
  9月22日(日)12:00~15:00
  9月23日(月・祝)9:00~15:00

10月  8日(火)授業見学会
10月23日(水)学習成果発表会(北とぴあ)
11月21日(木)読書感想発表会
  2月18日(火)英語レシテーション大会

ページトップ このページTopへ