受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

Spotlight

(「20年9月号」より転載/20年9月公開)

東邦大学付属
東邦中学校・高等学校

伝統のリベラルアーツ型教育を実践
体験講座も豊富な千葉県の進学校

 「自然・生命・人間」の尊重を建学の精神とする東邦大学付属東邦中学校・高等学校は、リベラルアーツ型の教育を軸に、生徒の7割近くが医歯薬系学部を中心とした理系に進む千葉県屈指の進学校です。2017年からは完全中高一貫校に移行し、6年間を通じて生徒の可能性を広げる専門的なプログラムを実施しています。こうした先進的な取り組みにより、近年は、12月の推薦入学試験が人気を集めています。

土台にあるのは広範囲な教養
生徒の意欲が高まる「自分探し学習」

中高合わせて七つの理科実験室があります。実験や観察を重視する本格的な理科教育が、理系分野への高い進学実績につながっています 東邦大学の付属校として生徒の約7割が医歯薬系学部などの理系分野に進む東邦大学付属東邦中学校・高等学校。難関私立大学や国公立大学への高い進学実績の背景には文系・理系を問わず、「幅広い教養の上にこそ、確固たる専門研究が成立する」と考える伝統的なリベラルアーツ型の教育があります。

 その教育方針として、まずは中1から高1までを「WIDE」と称して、広範囲に学ぶ教養型カリキュラムの下、実験や体験を取り入れた学びの基礎を固めていきます。そして、高2以降は「DEEP」と称して、文系・理系に分かれ、それぞれの段階に合わせた演習形式の細かい指導を行っています。

 生徒の教養と専門性を育み、個々の可能性を広げる先進的なプログラムも多彩です。たとえば、中高6年間のプログラムとして生徒の学ぶ意欲を高める「自分探し学習」を導入しています。そこでは、総合的な学習の時間を使って、生徒が自主的に30種類にも及ぶ講座の中から興味のあるものを選択し、幅広い知識を習得できます。

 そのほか、人前で英語を話す「スピーチコンテスト」や夏休みの思い出を英語で記す「英文絵日記」、「数学トレーニングマラソン」、「読書マラソン」といった工夫を凝らしたプログラムを通じて、さまざまな角度から生徒の可能性を広げていきます。

東邦大学との高大連携講座も人気
生徒の可能性をどこまでも追求

東邦大学の系列病院で行われる「ブラック・ジャックセミナー」。医学部進学を希望する生徒が最新鋭の外科医療を体験します 東邦大学をはじめ多くの大学と連携した「学問体験講座」も充実しています。たとえば、隣接する同大学では「ロボットプログラミング」や「ホタルの光を再現」、「医薬品の調合」など実践的な講座が行われます。

 なかでも、医学部志望者を対象に人気なのが「ブラック・ジャックセミナー」です。「救急救命」や 「内視鏡手術」、「自動縫合器」「超音波メス」 「手術縫合」といった外科手術の実習模擬体験を実施しています。このように、専門性の高い学問を実施することで、生徒一人ひとりの「自分探し」をバックアップしています。

 こうした「自分探し学習」を通じて、進路を決めた卒業生の多くは、国公立大学や難関私立大学に進学します。また東邦大学の医学部・薬学部・理学部・看護学部・健康科学部への推薦枠も用意されています。このように、文系・理系を問わず、生徒自身が本当にやりたいことを探す手伝いをするのが同校の魅力です。

《学校のプロフィール》

東邦大学付属東邦中学校・高等学校

所在地:〒275-8511 千葉県習志野市泉町2-1-37

交 通:‌JR総武線「津田沼」駅よりバス15分、京成本線「京成大久保」駅より徒歩10分

TEL:047-472-8191
H Pwww.tohojh.toho-u.ac.jp 別ウィンドウが開きます。

Information

【学校見学会・説明会】要予約

  9月26日
10月10日、17日、24日、31日
11月  7日、14日

※いずれも土曜日。各回10:00から学校見学ツアー、11:00から学校説明会を実施

【帰国生学校見学会・説明会】要予約

12月25日(金)

※14:00から学校見学ツアー、
15:00から学校説明会を実施

【入試説明会】要予約

10月20日(火)14:00〜15:10
10月21日(水)14:00〜15:10

ページトップ このページTopへ