受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

学習院中等科 ●6月6日(木)

多彩な行事やカリキュラムを設定し、芯が強く、広い視野を持つ生徒を育成

 学習院中・高等科は、1877年に官立の華族学校として東京・神田に創立された歴史ある男子校の一つです。幼稚園から大学院までを擁する総合学園でもあり、都内にありながら、緑豊かな広いキャンパスを構えています。また、近年では進学校としての側面も目立ち、今春の卒業生のうち学習院大学に推薦で進学したのは半分弱で、東大、早慶、医学部の合格者も少なくありません。

 中・高等科科長の林知宏先生は、「大学受験ばかりにとらわれた授業は行いませんが、多様な進路を選択できる環境を用意し、他大学に進学する生徒にも対応しています。また、留学制度をはじめ、積極的に国際交流できる場を整えていることもあって、海外の大学に進学する生徒も増え、生徒自身が幅広い可能性に挑戦していることがわかります」と話します。

 同校では、高等科でも文系・理系のクラス分けなどはしていませんが、高2から選択教科などを設定しています。センター試験対策講座など受験に特化した授業から、語学系や芸術系まで多様な講座を充実させ、広い視野や豊かな創造力を養います。また、国際交流については、中等科では海外短期研修を行い、高等科では米国協定校との留学生交換事業や、1年間の公認留学といった本格的な留学制度を設けています。

 さらに、林先生は「中高6年間は成長過程において最も大切な時期。いわば人生を歩むための『ベースキャンプ』のような役割を果たします。クラブ活動や多彩な行事に参加することによって築いた縦と横の人間関係は、生徒たちにとって一生の財産になることでしょう」と続けます。同校の敷地内には、テニスコート、野球場、馬場など、多彩なスポーツ施設がそろい、伸び伸びとクラブ活動に励むことができます。また、6年間を通して、山登り、遠泳、柔道納会など、心身を鍛える行事を数多く設け、おおらかで芯の強い生徒を育てているとのことでした。

 昨年と今年の最新映像を使った学校紹介のDVDを上映した後、学校生活や教育課程について説明。学年ごとの教員が集まる「主管室」を各学年のフロアに1室ずつ設置していることから、教師は生徒一人ひとりの様子を把握しやすく、生徒にとっても気軽に相談しやすい環境であることなどを伝えました。


緑豊かなキャンパスに、温水プールや人工芝のグラウンドなど、さまざまなスポーツ施設がそろっています
http://www.gakushuin.ac.jp/bjh/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2018スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ