受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 東洋英和女学院中学部:学校説明会レポート

学校説明会レポート

東洋英和女学院中学部 ●6月13日(木)

カナダミッションの伝統を受け継ぎ、社会に貢献するための豊かな感性と知性を育む

 東洋英和女学院は、カナダ人女性宣教師マーサ・J・カートメルによって1884年に設立されました。「敬神奉仕」の精神に基づき、豊かな感性と知性を養い、平和な未来のために貢献できる女性を育てています。

 こうしたカナダミッションによって伝えられたプロテスタントの教えを教育の礎とする同校では、毎日の礼拝や週1回の聖書科の授業を通じて、自分がどのように生きるべきかを学びます。中学部長の露木美奈子先生は、「礼拝は、前向きな心で課題に立ち向かう力や物事の本質を魂の目で見極める力を養うための“種まきの時間”です。生徒たちが社会に出て苦難にぶつかったとき、まかれた種が生きる勇気になると信じて、創立から129年間、受け継がれているのです」と説明しました。

 英語科の先生によるパイプオルガンの演奏に続いて、中学部教頭の北崎勝彦先生が登壇し、話題は教育概要に移ります。北崎先生は「本校には明るく元気な生徒が多く、互いに相手の個性を尊重し合う雰囲気があるので、どんなタイプの子でも安心して自分の力を発揮できます」と大らかな校風を紹介。さらに、クラブ活動や生徒会活動、楓祭(文化祭)をはじめとする学校行事が生徒たちによって企画・運営されていることを説明しました。

 また、同校は伝統的に英語教育を重視しており、月2回の英語礼拝や「English Day」など、英語を使う楽しさを実感できる機会も数多く設けています。希望者を対象にカナダやアメリカでの海外語学研修を行うほか、認定留学制度を利用して毎年約10名が海外の高校に留学。卒業後、海外の大学に進学する生徒もいます。

 そのほかの教科教育については、「中1・2の英語と代数・幾何は少人数クラスで指導する」など、基礎学力と学習習慣の定着を徹底していることをアピール。中3・高1では習熟度別学習や先取り学習を実施し、高2・3では各自が希望の進路に合わせて科目を選んで作る「自分だけの時間割」に沿って学習を進めるとのことです。こうして例年多くの生徒が国公立大や難関私立大に現役で進学し、昨今では理工系や医学部をめざす生徒も目立っているそうです。北崎先生は「教師と生徒はもちろん、OGと在校生のつながりが深く、保護者の方々の支えなどもあって、本校の豊かな人間関係は大きなファミリーにもたとえられます。ぜひオープンスクールや楓祭にお子さんと参加し、温かい校風を実感してください」と締めくくりました。


周囲には各国の大使館が点在する国際色豊かな環境。安心して通学できます
http://www.toyoeiwa.ac.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ