受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 豊島岡女子学園中学校:学校説明会レポート

学校説明会レポート

豊島岡女子学園中学校 ●6月20日(木)

運針や礼法など特色ある教育で、思いやりある気立ての優しい女性を育てる

 豊島岡女子学園中学校・高等学校は、1892年に旧加賀藩士夫人の河村常と2人の娘によって設立された女子裁縫専門学校を前身としています。今春、校長に就任した竹鼻志乃先生は、「戦火で焼失した牛込校舎から、現在地の池袋に移転し、現校名に改称したのが1948年のことです。再出発に当たり、当時の第4代校長の二木謙三先生は、建学の精神を軸に『道義実践・勤勉努力・一能専念』という教育方針を掲げました」と説明します。

 道義実践とは、人として踏み行うべき正しい道を進むこと。勤勉努力は、真面目にこつこつ努力すること。一能専念とは、一人ひとりの人間には必ず特有の才能があり、それを見つけ出して磨いていくこと。これらを実践するための取り組みの一つが、毎朝授業前の5分間で行う運針です。「1mの白布に赤糸でひたすら縫い進めていく作業は、集中力を高め、脳のウォーミングアップにもなります。さらに、『基礎の大切さを知る』『努力の積み重ねで伸びていく』ことも実感できることでしょう。一方、教師陣にとっては、生徒の様子を観察するための貴重な時間となっています」と竹鼻先生。そのことばとともに、新1年生が慣れない手つきで針を運ぶ様子がスクリーンに映し出されました。1cm以上はありそうな不ぞろいの針目が続き、なかには針で指を刺してしまう生徒もいます。しかし、次に映し出された中2生は、美しい姿勢で素早く針を運んでいき、1年間での上達ぶりに会場からは感嘆の声が上がっていました。

 そのほか、礼法・マナーを習得するために、小笠原流礼法の先生による講義や立ち居振る舞いの指導を行っていることにも触れ、竹鼻先生は「誰からも愛され、信頼される、気立ての優しい女性に育ってほしいと考えています」と結びました。

 高い大学進学実績でも注目を集める同校ですが、学習面の取り組みについては「主要5教科に多くの時間を割いているため、基礎学力をじっくり養いながらの先取り教育が可能となっています。とはいえ、生徒の成長を促す機会は授業だけではありません」と進路指導委員長の十九浦理孝先生は話します。「サイエンスCafé」「哲学Café」といった取り組みのほか、「最近では、数学オリンピックや化学グランプリなどに挑戦する生徒たちも増えています」とのこと。進路指導面では、「進学懇談会」や「輝く先輩に学ぶ」といった卒業生の協力によるプログラムが多いのも特徴で、先輩が後輩の面倒を見る校風がうかがえます。

 入学式、林間学校、桃李祭(文化祭)、運動会といった年間行事や、全員参加の部活動の紹介は、写真や在校生が製作した映像を見せながら進行。新1年生が豊島岡生らしくなっていく様子が伝わってくる説明会となりました。


JRほか「池袋」駅から徒歩7分、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅から徒歩2分。校舎は地下1階・地上8階建てで、校外施設として入間総合グラウンドや小諸林間学校があります
http://www.toshimagaoka.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ