受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

山脇学園中学校 ●7月9日(火)

「最高水準の教育」と「最高品質の施設」をめざし、「山脇ルネサンス」を推進中

山脇学園は、1903年の創立以来、建学の精神「女性の本質を磨き、いつの時代にも適応できる教養高き女性の育成」をめざしてきました。その建学の精神と伝統を受け継ぎながら、次の100年先を見据えた新しい教育プラン「山脇ルネサンス」を始動させたのは2009年のこと。校長の折原修先生は、「募集を停止した短大の資産をどのようにして中高の教育に生かしていくかを考えました。そして、今の時代に求められる女子教育の在り方を見つめ直す必要があるという考えから検討を重ね、生まれたのが『社会で生き生きと活躍する女性のリーダーを育てる』を教育目標に掲げる『山脇ルネサンス』です」と語ります。

同校では、「自己知・社会知」「学力」「自己啓発力」「協働力」の四つの力を育むことを重視。教科教育の柱として位置づける英語教育と理科教育の場となるのが、2011年度にオープンした施設「イングリッシュアイランド(EI)」と「サイエンスアイランド(SI)」です。英語では、EIを使って、楽しみながら「話す」「聞く」力を身につける授業「イングリッシュアイランドステイ(EIS)」を行い、理科では、SIにおいて、実験中心の授業「サイエンティストの時間」を展開しています。さらに、2013年度からは中3を対象とした「英語チャレンジクラス」と「科学的探究活動実施クラス」を設置し、これらの学習意欲や志の高い生徒の資質を伸ばすプログラムをスタートさせています。

一方、施設面では、EIとSIに続いて、2012年に自学館、放課後活動棟、カフェテリアをオープン。今年10月には講堂や高校ホームルーム教室・選択教室などが入る新1号館が完成予定で、2014年には中学ホームルーム教室などが入る新2号館を含め、すべての教育環境が整います。折原先生は、「『最高水準の教育』と『最高品質の施設』をめざした学校改革をさらに進め、国際社会で活躍できる高い学力と資質を備えた女性の育成に努めていきます。それが、わたしたちの使命です」と力強く語りました。

続いて、入試広報室の金子先生が、進路学習面の具体的な教育内容について説明。「21世紀を生き抜く力を育成することを目的とした教科教育、志を育てる教育を展開し、生徒の夢の実現を手助けするのがわたしたち教員の役割です。その実現への第一歩が大学進学実績という結果となって表れています」とのこと。続けて、入試広報室長の西川史子先生が、伝統の女子教育や学校生活について紹介し、「制服の付属的なアイテムのデザインを変更したり、カフェテリアを新設したりするなど、学校生活を豊かにするための改革も進めています。生徒たちは、充実した環境の下、伸び伸びと過ごしています」と話しました。

入試については、「2013年度は、すべての回で応募者数・受験者数ともに増加しました。入学後の志望動機に関するアンケートでは、今までは『伝統校』という理由が多かったのですが、『これまでの学校改革、今後の改革に期待』と答える生徒の割合が大幅に増えました」という報告もありました。


2012年秋にオープンしたカフェテリア。中学生を対象に、週1回の学年ランチを実施しています
http://www.yamawaki.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ