受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 神奈川大学附属中学校:学校説明会レポート

学校説明会レポート

神奈川大学附属中学校 ●6月19日(水)

他大学への進学実績を伸ばす、おおらかな男女共学の付属校

 2014年に創立30周年を迎える神奈川大学附属中・高等学校は、「質実剛健・積極進取・中正堅実」を建学の精神とする中高一貫の共学校です。体育や家庭科も男女合同で行うなど、和やかな雰囲気のなかで生徒の個性や自主性、協調性を伸ばしており、付属校でありながら卒業生の約9割が他大学に進む進学校として知られています。

 この日の説明会は学校生活DVDの上映からスタート。社会で活躍中している卒業生の声も交え、授業や行事などに生き生きと励む生徒の姿が紹介されました。中学生に対する教科指導のポイントは、"遅れ"を生まないこと。毎週金曜日の1限目には英語と数学の確認テストを行い、7割以下の正当率だった生徒には、土曜日午後の補習に参加することを義務づけています。また、自学自習の習慣を確立するため、中1・2には多くの課題を出し、そのうえで問題集などにも積極的に挑戦させて、基礎力を養うよう促しています。

 説明会の中盤で登壇した校長の鈴木義嗣先生も、「補習や講習を行うことで生徒の能力を引き出し、高い大学進学実績を挙げる共学校として、地域から信頼されるよう努力しています」と説明。さらに昨今の情報化・国際化社会を見据えた教育を進めており、論理的思考力や分析力、発信力を鍛えると同時に、英会話力の充実にも力を注いでいます。今後の取り組みとして、短期集中型の英語プログラムの導入も検討しているとのことで、鈴木先生は「常に6年後の成長を視野に入れ、全人的な学びを深めています」と語りました。

 入試については、再来春の2015年度からシステムを変更することが伝えられました。B日程(2月4日)とC日程(2月6日)を1日ずつ早めるほか、C日程の試験科目を2科から4科に変える予定です。A日程(2月2日)とB日程で設けている算数の足切り点はそのまま残すので、引き続き注意が必要です。

 参加者は倍率の推移や追加合格の可能性などの説明も受け、その後、先生方の案内で校内見学へ。同校は神奈川県立四季の森公園に隣接しており、さまざまな運動施設がそろっています。部活動にも思い切り打ち込める環境に、参加者は好感を抱いたようでした。


一般教室などが入った1号館前。校内は緑にあふれ、シンボルのケヤキの大樹もあります
http://www.fhs.kanagawa-u.ac.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ