受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

聖光学院中学校 ●8月6日(火)

私学の男子校だからできる
特色ある教育を実践

 聖光学院中学校は、キリスト教教育修道士会を母体とする聖マリア学園によって、1958年に設立されました。「カトリック的世界観にのっとり、人類普遍の価値を尊重する人格の形成、あわせて、高尚、かつ、有能なる社会の成員を育成する」という建学の精神の下、学力を伸ばすだけでなく、礼儀を重んじ、強い意志と弱者をいたわる優しい心を持つ人間を育てる教育を実践しています。

 この日の説明会は、2012年に完成した1500名収容の真新しい講堂「ラムネホール」で開催。夏休みということもあって、保護者と共に多くの子どもたちも訪れました。その子どもたちを見渡しながら、校長の工藤誠一先生は、ご自身も参加した7月の長野県斑尾高原での中学キャンプの様子を紹介。「スキー場に造った学院施設『斑尾ボーイズランド』で、3泊4日のテント生活をします。自然の中で過ごすので、不便なこともありますが、生徒たちにとっては貴重な体験になったと思います。こうした独自の施設を使った宿泊行事などを通じてさまざまな経験ができるのは、私学の男子校だからこそです」と話しました。

 また、「生徒を学校に縛りつける教育は終わった」とも言い、その例として公認団体の存在を挙げました。これは、クラブでも委員会でもない、生徒有志の集まりで、クラブ以外の研究会、サークル活動が審査され、公認されると、学校の支援を受けることができるというものです。現在、模擬国連サークル、数学研究会、ディベート研究会、英語劇、書の甲子園、ジャグリングなどの団体が認められ、活発に活動しています。このほか、個人で相撲をやっている生徒やプロゴルファーをめざす生徒が大会に出場するために授業を休んだときなども、公欠扱いにしているとのこと。工藤先生は、「東日本大震災でのボランティア活動もそうですが、生徒の自主性を尊重し、良いことだと判断したら、やらせることができるのも私学です。また、生徒の活動の機会を増やすことによって、一人でも多くの生徒が〝輝ける場所〟を持つことができます。さまざまな経験をさせることが大事であり、わたしたちは元気に挑戦できる教育環境を整えています」と続けます。

2014年秋の全体完成に向けて新校舎の建設が着々と進行中

 教育環境の充実という点では、新校舎の建設も着々と進んでいます。説明会の会場となった「ラムネホール」や小講堂、聖堂などが入る講堂棟のほか、職員棟、中央棟などがすでに完成し、現在は2014年秋の全体完成をめざして、高校棟や体育棟などの建設が進められています。

 教室は、縦に配置するのではなく廊下を挟んで3クラスずつの向かい合わせになっています。また、職員室も生徒が入りやすいオープンな造りにするなど、細部まで工夫が凝らされています。「さらに充実した環境のなかで、これからも私学の男子校だからこそできる教育を行っていきます」と話す工藤先生。新入生アンケートで聖光学院を選んだ理由を聞くと、「春の聖光祭が気に入った」という回答が多いそうで、「これから受験をお考えの保護者の方も、ぜひお子さんと聖光祭をご覧になり、本校の雰囲気を感じてください」と結びました。

 この日は、校舎見学とともに、「学食体験」も実施され、定食やカレーライス、ラーメンなどを食べる子どもたちもたくさんいました。


「文化を創る100年建築」をコンセプトに、2011年5月にスタートした新校舎の建設。2014年秋にはすべての工事が完了する予定です
http://www.seiko.ac.jp/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ