受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 多摩大学附属聖ヶ丘中学校:学校説明会レポート

学校説明会レポート

多摩大学附属聖ヶ丘中学校 ●9月6日(金)

物事の本質に触れる教育で、生徒の可能性を大きく伸ばす

 緑あふれる丘の上のキャンパスで、小規模校ならではのアットホームな教育を行っている多摩大学附属聖ヶ丘中学校。附属校ではありますが、併設の多摩大学は2学部のみの設置であることから、生徒の資質・態度・適性が合致しないかぎり進学していません。そのため、進学校として中1から進路指導を行い、生徒が自分自身で将来の道を選び取るよう意識づけています。他大学の一般受験に向けて確かな学力を養成し、生徒の自己実現を後押ししているのです。

 あいさつに立った校長の丹伊田敏先生は、同校の教育方針である五つの柱を紹介。その筆頭は「豊かな自然の中での人間教育」で、豊かな心を育むことを重視しています。「少人数できめ細かい指導」を行っていることも特徴で、1クラスの生徒数は約30人。教員が生徒一人ひとりに目を配ることのできる体制を確立しています。

 また、「本物に触れる教育」を推進しており、理科の実験・実習をはじめとした多彩な体験学習を用意。これは「基礎学力の充実と思考力の育成」にもつながります。そして「笑顔と感動の学校生活」を送ることで、生徒の健やかな成長を促しています。丹伊田先生は「小さな学校ですが、さまざまな物や人との出会いの場を設け、生徒の自己発見・自己開発を助けています。ぜひ実際の授業風景を見ていってください」と締めくくりました。

 次に、学校紹介のDVDが上映された後、参加者は一度会場を出て授業見学へ。中学生の教室を見て回り、生徒が生き生きと授業に臨んでいる姿を確認しました。

 一方、学習面についてですが、本年度からセルフ・スタディ(SS)の時間を設定。これは、放課後の25分間、各自でその日の授業内容を振り返るというものです。集中して疑問点を整理したり、発展問題に挑戦したりすることで、生徒はみずから学ぶ姿勢と思考力を身につけます。

 そして、中3の修学旅行ではニュージーランドへ。2月の出発までに英語力の基礎・基本を徹底し、現地で本物の英語と国際感覚を体感します。また、中3では卒論も執筆。同校では日常的にレポートを課しているため、記述が苦手な生徒も立派な論文を仕上げるようになるそうです。さらに、数学では日々ノートをチェックするなど、勉強の仕方からきっちりと指導。中学での積み上げが高校での飛躍を生むとの考えからです。

 入試については、2014年度も特に変更はなく、合格のボーダーラインは正答率5割といったところです。ほかにも、目的に合わせた各種のサマーセミナーを開催すること、来年度は校内にコンビニが開店することなど、細かな情報が発信されました。


教育目標として「自主研鑽の力を伸ばす」「健康明朗な生活態度を養う」「敬愛奉仕の心を育てる」を掲げています
http://www.hijirigaoka.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2018スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ