受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

土佐塾中学校 ●9月14日(土)

豊かな人間性と高い学力を育てる独自の進路サポートプログラムを設定

 高知県の進学塾「土佐塾」によって1987年に設立された土佐塾中学校・高等学校は、国家有為の人材の育成をめざす男女共学の中高一貫校です。生徒一人ひとりに目を向けたきめ細かい学習指導で学力を伸ばすだけでなく、智・徳・美・体の資質の練磨と充実を図った全人教育を実施。男女別の学生寮を備え、県外からも多くの入学者を集めています。

 広報部部長の土居賢之先生は、「本校は、高知市内から車で15分ほどの丘の中腹にあります。男女別の学生寮では現在、約80名の生徒が生活しており、そのうち約10名が関東エリアの出身者です」と紹介しました。

「面倒見の良い学校」として定評のある同校では、主要教科において少人数制習熟度別授業を取り入れています。必要に応じて個別指導や個人添削などを行うほか、独自の進路サポートプログラムを設定。「進路指導というより、自分のやりたいことを見つけてもらう取り組みとご理解ください。1泊2日の体験学習『黒潮キャンプ』や、日ごろの授業とは異なる視点で講義を行う『テーマスクール』、全国の大学から著名な教授陣を招く『ワンデーセミナー』などを行うことで幅広い教養を身につけさせ、併せて積極性に学ぶ姿勢を養っています」とのこと。さらに、各界で活躍するプロフェッショナルを講師に迎えての「キャリアセミナー」、職場を訪問して仕事を体験する「ワンデーリサーチ」など、発達段階に応じた多彩な取り組みも設定しています。このほか、シンガポール修学旅行(高校)やオーストラリア・アメリカへの短期・長期留学制度(希望者)といった国際教育、全国大会レベルで活躍する部活動などについても触れました。

 寮については、男女共に1年次から個室です。「毎日20時~21時50分までの学習時間には、学習室で土佐塾・土佐塾予備校の講師による授業を行い、消灯までの静粛時間には自習室で学習することもでき、宿直の教員がサポートしている」そうです。離れて暮らす保護者にとっては地震などの災害が心配ですが、「キャンパスは海抜180mの立地で、地盤についても高知大学の調査でお墨付きをいただいているので、安全な場所といえます」と話しました。

 学校紹介DVDの上映後、2014年度入試の概要が伝えられました。東京会場前期試験は1月12日に早稲田大学にて実施。「昨年度の受験者は2000人以上。当日は大変な混雑が予想されるので、時間に余裕を持ってお越しください。4科とも答案用紙のみを提出してもらいます。算数では考え方や式を見る問題もあるので、必ず答案用紙に記入してください。社会科では毎年出題する選択問題で、『正しいと思う番号の合計を書く』という独自の解答方法があります。解答の仕方に慣れるために、一度は過去問をやっておいてください」といったアドバイスもありました。なお、東京会場後期試験は2月8日にAP品川を会場として実施され、試験科目は国語・算数・面接となります。


豊かな自然に包まれたキャンパス。学業、スポーツ、芸術活動にも最適な立地環境です
http://www.tosajuku.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ