受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

郁文館中学校 ●9月20日(金)

独自の「夢教育」によって、人間力、学力、グローバル力を伸ばす

 2014年に創立125周年を迎える郁文館中学校は、2003年より独自の教育システム「夢教育」を中核とした新しい仕組みを導入。2010年には地下1階、地上4階建ての新校舎が完成し、共学校に生まれ変わりました。

 あいさつに立った校長の宮崎宏先生は、これまでの経緯に触れながら、さらに進化を続ける「夢教育」について話を進めました。同校の教育の理念は、「子どもたちの幸せのためだけに学校はある」です。そして、「子どもたちに夢を持たせ、夢を追わせ、夢を叶えさせる」ことを教育の目的に掲げています。「明確な夢や目標をしっかり持って、日々、それに向かって努力していくこと。それが生徒たちの幸せにつながると考え、『人間力』『学力』『グローバル力』の向上をめざして教育活動を行っています」と力強く語りました。

 具体的な内容については、教頭の白井康之先生が紹介します。まず「人間力の向上」では、広い視野を持たせることを目的に、渡邉美樹理事長による「理事長講座」や、さまざまなジャンルで活躍する"夢達人"を招いての講演会「夢達人ライブ」などを実施。人格を形成するために、10泊11日(中1のみ5泊6日)の「夢合宿」も行っています。毎日の生活では、自分の夢を明確にし、実現するための計画を立て、それを毎日の行動に落とし込む「夢手帳」を活用。学期ごとの担任による「夢カウンセリング」により、それぞれの将来の道筋をつけていきます。

 一方、「学力の向上」では、一週間の学習計画を記入する「家庭学習ノート」を使って、学習習慣と生活習慣の確立をめざします。また、定期考査の点数に平常点を加味する「平常点制度」といった独自の取り組みを行い、成果を上げています。

「グローバル力」については、「異なる者と共生し、未来を切り開くことができる力」と位置づけ、インプットとアウトプットをバランス良く上達させるプログラムを展開しています。「中1でのイングリッシュアワー、中2での英語によるパフォーマンス『ヤングアメリカンズ』、中3でのニュージーランド研修、希望制のアジア研修などを実施しています」とのことです。

 高校課程では、普通科の郁文館高校または国際科の郁文館グローバル高校に進学します。郁文館高校では、一般、特進、医系、東大と「夢」に応じた多彩なクラスを設定。一方、郁文館グローバル高校では、1年間の海外正規留学を経験することで高い英語力を養成しています。その結果、海外の大学に進学する生徒も多いそうです。

 入試に関しては、同校では2科4科選択制で行われる一般試験、特別奨学生試験のほかに、作文と面接などで合否を判定する未来力試験(理事長選抜)やDream Quotient試験が行われています。このような特色ある試験の説明もありました。


2010年に完成した機能的な校舎。生徒たちはそれぞれの夢に向かって、充実した学校生活を過ごしています
http://www.ikubunkan.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2016年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ