受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

淑徳中学校 ●11月9日(土)

スーパー特進東大選抜(セレクト)コースや1年留学コース。多彩な学習スタイルが新校舎で展開

 1892年に東京・小石川に設立された淑徳女学校を前身とする淑徳中学・高等学校は、仏教による情操教育の理念を受け継ぎながら、高い知性と教養、総合的な学力を養う教育を実践しています。男女共学化、国際化といった学校改革をいち早く進め、2012年には「全員が特待生」のスーパー特進東大選抜(セレクト)コースを新設。2013年3月には新校舎がすべて完成し、充実した教育環境の下、さらなる進化をめざしています。

 説明会の冒頭、あいさつに立った学校長の三嶋宗保先生は、「本校がいちばん大切にしているのは『心を育てる教育』です。LIFE(あらゆる命を尊ぶ心)・ LOVE(自分と同じく他者を愛する心)・LIBERTY(何者にも束縛されない自由な心)を持った若者を育てたいと考えています」と語りました。

 また、「感動・驚き・発見」へとつながる質の高い授業、多彩な学校行事、海外プログラムなどを紹介し、「『進みゆく世におくれるな、有為な人間になれ』という創立者のことばのごとく、人の痛みがわかる『カインドリーダー』を育てたいのです」と結びました。

 教育内容については、教頭の湊広賢先生が詳しく説明します。「中学では週35時間、高校では週38時間の授業数を確保して、きめ細かい指導の下で先取り教育を実践しています」とのことで、学習計画ノート、確認テストなどを活用して学習の基本サイクルを定着させたうえで、放課後の集中ゼミ、長期休暇中の講習などでフォローする体制も万全に整っています。

 コース編成については、中学入学段階で「スーパー特進東大選抜(セレクト)コース」と「スーパー特進コース」に分かれます。その後、進級時にコースの入れ替えを行いながら、高校からは「特進選抜コース」「留学コース」を加えた4コースになりますが、「最近ではクラス全員が1年間、海外に留学する『留学コース』の人気が高くなっています。休学なしで、3年間で高校を卒業でき、難関大学への進学サポートも充実させている点で注目されているのでしょう。中学からの進学者が優先となるため、留学を意識して本校を受験する生徒が年々増えている状況です」と説明しました。

 注目が集まる「スーパー特進東大選抜(セレクト)コース」については、中2学年主任兼カインドリーダー推進部主任の河井博臣先生が紹介。「本コースは名前のとおり、東大をはじめとする最難関大学をめざすコースです。とはいえ、大学進学はあくまでも人生の通過点。生徒たちには、将来社会で役立つ人間になることを常に意識させています」と話します。

 また、特徴的な取り組みとして、ディスカッションやプレゼンテーションなど生徒自身が発信する「能動的発信型授業」や、留学コースの生徒と共に行う「コラボ授業」などを映像を交えながら紹介しました。


2013年に新校舎がすべて完成。校舎前のグラウンド下には、地下アリーナがあります
http://www.shukutoku.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ