受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 早稲田大学系属 早稲田実業学校中等部:学校説明会レポート

学校説明会レポート

早稲田大学系属 早稲田実業学校中等部 ●6月13日(月)

文武両道をモットーに、豊かな人間性を育む早稲田大学の系属校

 早稲田実業学校は1901年、早稲田大学の創設者・大隈重信によって設立されました。創立100周年を機に、早稲田鶴巻町から国分寺に移転したのは2001年。翌年には男女共学化し、初等部を設立しました。学校法人は早稲田大学とは別で、系属校という位置づけですが、早稲田大学の教旨に沿った教育活動が行われ、卒業生のほとんどが早稲田大学へ推薦入学しています。

 同校の校是「去華就実」とは、「華やかなものを去り、実に就く」ことを意味し、校訓の「三敬主義」は「他を敬し、己を敬し、事物を敬す」ことの大切さを説いています。銀座ブロッサムで行われた説明会で中等部教頭の菱山和広先生は、「学業のみならず、スポーツやボランティア、文化的活動にも取り組み、豊かな人間性を持った生徒を育てたい。いずれは大学や社会の中核として、リーダーシップを発揮できる人材になってほしいと考えています」と話しました。

 中学のクラス編成は、1学年230~240名の6クラスで、そのうち約45%が初等部出身者です。さらに高校では高入生も加わり、1学年400名程度となります。こうした学年編成について菱山先生は、「本校の生徒は非常に個性豊か。さまざまなバックグラウンドを持った生徒が、クラスメートとして混ざり合い、お互いの良いところを吸収し、たくましく切磋琢磨しています」と強調しました。

 学習カリキュラムについては、早稲田大学への進学を前提としたプログラムが組まれ、国際教育や情報教育にも力を入れています。たとえば中3では「総合的な学習」の集大成として、卒業研究レポートに取り組ませるなど、幅広い教養を身につけさせています。このほか、高2・3で早稲田大学の正規授業が受講でき、そこで特定の科目を聴講すると、大学の単位として認定されるそうです。

 早稲田大学への推薦については、1学年の在籍生徒数よりも多い450名程度の推薦枠を持っているとのこと。2016年は、卒業生375人のうち364人が推薦を利用し、それ以外は東京大学や、早稲田大学にはない医学部や薬学部などに進学しました。

 一方、部活動も非常に盛んで、ゴルフ部や山岳部、商業経済部など体育系・文化系ともに多彩で、加入率はほぼ100%です。数年前まで中等部の軟式野球部の顧問教諭だったという菱山先生は、「昨年は、高等部硬式野球部が甲子園でベスト4に進出しました。選手たちと一緒に感動を共有しましょう」と、会場に向けてアピールしました。

 説明会の終わりには、学校行事を紹介するDVDが約15分間上映され、熱気あふれるいなほ祭(文化祭)や体育祭の様子を確認することができました。その後の質疑応答では、高等部への進級基準や中学入試について、来場者から活発な質問が出されていました。


2層吹き抜け構造で、300席を備えた生徒食堂。中高ともに利用できます。また、今夏以降は各教室に電子黒板機能付きプロジェクタも順次導入予定とのこと
http://www.wasedajg.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ