受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

白百合学園中学校 ●6月16日(木)

キリストの愛の教えを胸に、知性と感性を磨いて社会に貢献

 1881年にフランス発祥のシャルトル聖パウロ修道女会によって設立され、カトリック精神に基づく全人教育を行う白百合学園。この日は外部会場の銀座ブロッサムで開催され、冒頭では放送部員の生徒がナレーターを務める学校紹介動画が上映されました。

 これに続いて、入試広報部長の田畑文明先生が、「『従順・愛徳・勤勉』を校訓に、生徒一人ひとりの個性と能力を伸ばしています」とあいさつ。まずは学園生活にスポットを当て、朝・昼食・終礼時に祈りを捧げること、四つある理科室で実験・観察を頻繁に行うこと、そして、活発な生徒が多く、学園祭などの学校行事が大いに盛り上がることなどを紹介しました。

 宗教教育を基盤としている同校では、神の愛を学んで自己肯定感を養い、社会に貢献する心を育むことを大切にしています。また、外国語教育にも熱心で、中学では英語のほかにフランス語を必修としています。「二つの言語に触れることで、生徒はグローバルな視野を身につけます」と田畑先生。英語、フランス語ともにネイティブ講師が学習を支えており、毎日昼休みには講師とさまざまな話題で自由に会話できる「おしゃべりサロン」を開室するなど異文化に親しむ環境を整えているほか、留学生との国際交流プログラムも充実しています。

 学習指導については定着重視の復習主義で、外国語・数学・国語は習熟度別授業を実施。放課後には数学科の教員が常駐し、生徒の質問に答える「数学の部屋」も開設しています。高2で文系・理系に分かれますが、生徒は将来の職業を意識して進路を選択。その準備として、中学からコミュニケーション能力を高め、高校では白百合女子大学を訪問したり、進路ガイダンスやOG講演会などに参加したりもします。文理の割合はほぼ半々ですが、今春の卒業生のうち約23%が医療系に進学しました。これはクリスマス奉仕活動をはじめ、積極的にボランティアに取り組む校風も影響しているそうです。

 一方、2016年度の中学入試の結果については、「実質倍率は2倍強」とのこと。算数は合格者平均点と受験者平均点で20点ほど差がつくので、しっかりとした対策が必要です。また、記述問題については部分点を設けているので、あきらめずに書くことも大切になります。田畑先生は「本校の新入生の約半数がサピックス出身です。サピックス生は基礎力も応用力もあり、目標を持って入学してくれるので、定期テストでも上位に入ってきます」と付け加え、質疑応答に移りました。参加者からは、指定校推薦や留学制度などについて多くの質問が寄せられ、同校への関心の高さがうかがえました。


体育系・文化系合わせて34のクラブがあり、中学生は全員が何らかのクラブに所属しています
http://www.shirayuri.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ