`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 都立武蔵高等学校附属中学校:学校説明会レポート

学校説明会レポート

都立武蔵高等学校附属中学校 ●7月11日(月)

充実した教育環境の下、国際社会に貢献できる知性豊かなリーダーを育成

 2008年に併設型中高一貫教育校として開校した都立武蔵高等学校附属中学校は、高校の前身である東京府立第十三高等女学校の設置から76年の歴史を持つ伝統校です。中学から入学して今春卒業した191名のうち、8名が東京大学に現役で合格。これを含め国公立大学に97名、早慶上理に119名が合格し、実績を着実に伸ばしています。

 国際社会に貢献できる知性豊かなリーダーの育成をめざす同校は、少人数・習熟度別授業や「授業ごとの小テスト」を導入し、きめ細かい学習指導を実践しています。中学では基礎・基本を大切にしながら5教科をバランス良く学ぶ教養教育を推進し、学年を先取りした発展的学習にも積極的に取り組んでいます。高校では5教科7科目に対応した質の高い授業を展開。多様な選択科目のなかから一人ひとりの希望進路に合わせて科目を選択できるようフレキシブルなカリキュラムを編成しています。

 また、中高6年間の体系的な学びの効果を高めるため、キャリアデザインを柱とした進路指導を中1から行っています。ポートフォリオ(学習履歴ファイル)を活用した定期考査の自己分析など、生徒自身が学習状況を把握できるよう努め、早い時期から具体的な将来の目標について考える機会を設けることで、学習意欲を高める工夫も施しています。この4月に校長に就任した高橋豊先生は、「今春、中学から入学した第3期生が高校を卒業し、中入生の60%が国公立大・難関私大に現役で進学しました。充実した教育環境を整え、今後も高い志を持つ生徒を全力でサポートします」と抱負を語りました。

 大学進学を見据えた実践的な授業を行う一方、同校独自の教育活動として、中学は「地球学」、高校は社会貢献活動を取り入れ、豊かな教養を身につけると同時に、思考力・判断力・表現力の育成にも取り組んでいます。これらの充実した教育の成果は、東京都の学力調査や全国規模の実力テストなどの結果にも表れているほか、今年度は第57回国際数学オリンピック香港大会の日本代表選手に高2の生徒が選ばれ、銀メダルを獲得しました。また、部活動が盛んな同校には兼部する生徒が多く、加入率は中学で108%、高校で105%となっています。

 最後に適性検査について、「ぱっと一目見ただけであきらめずに、文中からヒントを探して取り組む姿勢が大事です」とアドバイス。質疑応答では「クラブの活動日」など、生徒の日常生活に関する質問もありました。それに対し、高橋先生は「生徒たちはクラブの練習に打ち込む一方、学校の勉強にきちんと取り組んでおり、学校の自習室もよく利用しています」など、ていねいに答えていました。


高校からも2クラス分の生徒が入学。中入生と高入生が互いに切磋琢磨しながら部活動と勉強を両立させています
http://www.musashi-fuzoku-c.metro.tokyo.jp/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ