`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

山脇学園中学校 ●7月4日(月)

社会で生き生きと活躍する女性のリーダーの育成

 2009年からの「山脇ルネサンス」の下、学校改革を推し進めている山脇学園中学校・高等学校では、「社会で生き生きと活躍する女性リーダーの育成」を新たな教育目標に掲げ、多彩なプロジェクト型学習を展開しています。また、6年間にわたる校舎リニューアル工事も終わり、スクールライフを楽しく演出する教育施設も充実しています。

 説明会の冒頭で、「本校が育てたいリーダーとは、自分が置かれた状況を判断して、率先して仕事をこなし、みずからの道を切り開いていく女性です」と話すのは、学校長代行の横山雅弘先生です。横山先生によると、そうした素養は、生徒会や部活動などでリーダー的な役割を果たし、さまざまな体験を積むことで培われるとのこと。一般的に、女子は理数系が苦手だと思われがちですが、「そんなことはない」と話す横山先生。「女子校の強みとは、女子の特性に合った指導や授業の進め方ができることにあります。『女子は、女子校だからこそ伸びる』という強い信念を持って、日々の教育活動を行っていきます」と力強く語りました。

 そして、横山先生がこの日の説明会で時間をかけて説明したのが、「アイランド」と呼ばれる三つの課題解決型学習エリアです。まず、英語教育施設「イングリッシュアイランド」は、イギリスのダウンタウンのような雰囲気のなか、花屋の店員や銀行員になって英語でロールプレイを楽しむコーナーや、映画鑑賞ができるシアター、調べ学習や討論が中心のアメリカ型の授業を行う教室などがあるエリアです。また、外国人講師も常駐し、海外生活を疑似体験しながら英語学習ができる空間となっています。

 また、科学的探究心を育てるエリアの理科教育施設「サイエンスアイランド」には、四つの実験室や顕微鏡観察室など、大学レベルの専門性の高い設備が整っています。さらに屋外には、野菜や稲の栽培研究ができる畑や池も備えるなど、興味・関心を引き出す充実した学習環境として、特に生徒たちの人気が高い施設だそうです。

 そして「リベラルアーツアイランド」では、「たくさん読んでたくさん書く」ことを目標に、多元的なテーマについての情報を読み解き、それに基づいて意見をまとめ、知識をアウトプットする能力を育てています。校外学習での成果もここで発表され、「多角的な題材をもとに議論を深め、課題解決能力やコミュニケーション力を養っている」と話します。

 最後に、2017年入試の説明がありました。英語・国語・算数によって選抜する英語入試と帰国生入試については、取得している英検の級によって、英語のテストが免除されます。免除の対象は、英語入試が英検3級以上、帰国生入試が英検2級以上となるとのことです。


気品漂う洋風建築の校舎。交通至便な赤坂の地にありながら、青々とした野菜や稲が、屋外実験用の畑で育っています
http://www.yamawaki.ed.jp 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ