`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

学校説明会レポート

栄東中学校 ●7月9日(土)

徹底した基礎学力の養成とアクティブ・ラーニングの実践

 校訓に「今日学べ」を掲げ、確かな学力養成と豊かな人間形成の両立をめざす栄東中学・高等学校は、今春、埼玉県で最多の27名の東大合格者を輩出。その注目度の高さから、この日の説明会は盛況となりました。

 説明会の冒頭、校長の田中淳子先生は、「今年の卒業生が本校に入学した7年前、生徒の大半は、第1志望校、第2志望校に落ちて、本校にやってきました。自信をなくした表情に見える新1年生を見て、わたしたちは手をかけ、目をかけて、6年間大切に育てようと決めました」と話し、続けて具体的な教育内容を紹介しました。

 同校が、教育の根幹に据えているのは、課題研究やグループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションなど、生徒の能動的な学習であるアクティブ・ラーニング(AL)です。田中先生は「ALで育成しようとする問題発見力や課題解決力、論理的思考力などは、学びにおける基礎・基本の上に築かれるもの。そこで、中3までに大学センター試験の問題を解ける基礎学力を養うことを徹底しています」と強調。カリキュラムについては、通常の教科指導(校内AL)と校外学習(校外AL)を連動させて展開していることが特徴で、英語では、文法や語彙といった基礎基本の定着と並行して、音読やゲーム、ネイティブ教師とのディベートといったコミュニケーションの楽しさを体感できるプログラムを取り入れています。

 さらに、日々の学習で養った英語力を試す場として設定されているのが中3でのオーストラリアALです。現地校での授業参加や、前年の京都ALでの研修内容について英語でプレゼンテーションを行います。田中先生は「『実際に使えた』という感動が自信になり、次の学びへの意欲となります。生徒には、勉強にかかわらず、部活や委員会活動でも良いので、やりたいことを見つけてほしいと思います。日常的なものから考えを発展させていくのが本来のALの在り方で、自分の好きなこと、興味を持ったことへの追求が、知識を知恵に昇華させていきます」と結びました。

 学校生活については、中1生担任の市原先生が紹介しました。同校では、毎朝、最寄り駅のJR「東大宮」駅からの通学路に、教員が立って、生徒の登校を見守っています。これは、健康・安全面の確保が第一と考えているため。「朝のあいさつや表情で、生徒のコンディションを確認している」とのことです。また、学習面では、中学受験で培われた知識の延長線上に、大学受験までの学びを築き上げていくことを念頭に、効率の良いカリキュラムを設定。「その分のゆとりを、実験や観察、ディスカッションといった興味を広げる時間に充て、ALを展開していく過程で培われる物事を多方面から深く考える思考力を養います」と話しました。

 2017年度の一般入試については、16年度では2月2日午後に実施された東大Ⅲの試験日程が2月4日午前に変更され、定員も若干名から10名となります。この結果、17年度入試は、A日程が1月10日(難関大クラス120名、東大クラス20名)、B日程が1月16日(30名)、東大特待Ⅰが1月12日(30名、合格者は全員特待生)、東大Ⅱが1月18日(30名、特待合格あり)、東大Ⅲが2月4日(10名、特待合格あり)となります。ちなみに、帰国生入試は11月6日に実施されます。

 また、試験会場にも変更があり、東大Ⅲ入試は本校のほか、さいたまスーパーアリーナでも受験することができます。出願方法については、17年度よりWebでの受付のみとなります。なお、併願の組み合わせによっては、加点して判定する場合もあり、「詳細は9月以降に発表予定の募集要項でご確認ください」とのことです。


加入率9割以上と、部活動も盛ん。グラウンドが二面あるほか、アリーナや剣道場を備えた体育館棟、室内温水プールなど施設も充実しています
http://www.sakaehigashi.ed.jp/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ