`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 湘南白百合学園中学校:学校説明会レポート

学校説明会レポート

湘南白百合学園中学校 ●7月1日(金)

カトリックの精神に基づく人間教育 愛をもって社会貢献できる女性を育てる

 江の島や相模湾を望む片瀬山の高台に建つ湘南白百合学園は、1936年にフランスのシャルトル聖パウロ修道女会によって創立された片瀬乃木幼稚園を前身とするミッションスクールです。校訓の「従順・勤勉・愛徳」には、真理の声に従い、能力を磨いて世に役立て、互いに大切にし合うという意味が込められています。

 この日、あいさつに立った校長の谷口貞女先生は、カトリックの精神に基づいた教育理念について、「本校の目標は、愛をもって社会貢献ができる人間を育てることです。生徒たちはみんな、違うものを持っています。本校では、それが調和されて、一人ひとりが生かされ、輝く場となるために努力していきます」と語りました。

 続いて、サピックス出身の中1生2名が登場し、作文を朗読。「文化祭に訪れ、優しい先輩方や明るい校風、そして制服が好きになりました」といった志望動機のほか、「勉強してもなかなか成績が上がらず、最後は得意科目を伸ばそうと考え直しました」という、中学受験での思い出深いエピソードを教えてくれました。

 中1生の朗読が終わると、球技大会の練習や本番の模様をまとめた動画が上映されました。スクリーンには、最初はチームがまとまらずに悩む生徒たちが、教員のサポートを受けながら、自分たちで改善策を考え、実行していく姿が映し出され、生き生きとした学校生活の様子が伝わってきました。

多様な価値観を学ぶための 「タラント・リリアプログラム」

 次に、教頭の柳宣宏先生が教育内容について説明しました。柳先生は「人のため、社会のために貢献できるサーバント・リーダーを育てたい」と強調し、そのための具体的な取り組みの一つとして挙げたのが、国際教育の「タラント・リリア プログラム」です。

 このプログラムは、学年に応じた国内外の多彩な選択肢のなかから、自分に合った研修を選んで参加するもの。たとえば中学では、長期休暇中に、外国人講師による3~5日間の校内宿泊研修を受けることができます。夏休みには、韓国の済州島にあるインターナショナルスクールで10日間の寮生活(中1~3対象)を経験することもでき、英語はもちろん、韓国の文化も学ぶことができます。また、17日間のオーストラリア研修(中3・高1)は、現地の家庭にホームステイし、カトリック系の女子校に通います。

 こうした研修は語学力の向上にとどまらず、自分の意見を的確に相手に伝えるスキルを養うことも目的で、帰国後、生徒たちは英語ディベート大会に出場するなど、「学んだことが財産になっている」そうです。

 進学指導については、高2より主要5教科および芸術と家庭科で多様な選択必修科目を設定した科目選択制が設けられ、フランス語の履修なども可能になります。柳先生は「コース制は敷かれていませんが、国公立大や私立大、文系・理系、そして医歯薬系、音楽・美術系と、幅広い進路に対応した学習サポート態勢を整えています」と結びました。


カトリック校なので、宗教の授業や、朝・昼食前・終礼時にお祈りがあります
http://www.shonan-shirayuri.ac.jp/chukou/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ