`

受験ライフをサポートする 進学情報誌 さぴあ

さぴあは、進学教室サピックス小学部が発行し、内部生に配布している月刊誌です。

  • Top
  • 学校情報
  • 東京都市大学等々力中学校:学校説明会レポート

学校説明会レポート

東京都市大学等々力中学校 ●7月1日(金)

教員と生徒との絆を強め 自学自習を確立

 グローバルリーダーの育成をめざす東京都市大学等々力中学校では、2009年の校名変更と2010年の共学部設置に伴い、意欲的な学校改革を進め、大学合格実績を大きく伸ばしています。説明会の冒頭で、校長の原田豊先生は「新体制で中高一貫教育を受けた第1期生が今春、目覚ましい進学実績を挙げました。これは、きめ細かく生徒をサポートしてきた成果といえるでしょう。今後もさらなる伸びを確信しています」と力強くあいさつしました。

 同校では、時間管理能力を身につけさせるため、「TQノート」を活用して、効率的な時間の使い方を教えています。生徒は学習予定と実際の勉強時間との差をこのノートに記録して提出。受け取った担任は必ずコメントを書き入れてノートを返却します。原田先生は「こうした地道な指導によって、教員と生徒との絆が深まり、信頼関係が芽生えます。そこで培われた人間関係が、進路指導や大学受験へ向かうエネルギーを生むのです」と強調します。

 また、自学自習の習慣を確立するため、毎朝15分の朝テストを実施。そして、校内には約150席の自習室やグループ学習室が整備され、個別指導室でチューターに1対1の講義を受けることもできます。このため、「放課後や部活動の後も、生徒同士が誘い合って自習室に行き、予習復習に励む姿が多く見られる」とのこと。さらに、学習の進捗状況や成績は、「アナライズセンター」で一括管理され、進路指導に利用されるそうです。

 こうした指導の積み重ねによって、2016年の卒業生は、北海道大や東北大をはじめ、難関国公立大学に現役で31名が合格しました。さらに早慶上理50名のほか、GMARCHの合格者数は昨年の1・8倍という実績も記録しました。ちなみに2016年の現役進学率は91・6%。「進路指導が系統的に行われ、どの生徒も納得して受験に挑んだことの表れです」と原田先生は話します。

グローバル教育が育てる ノブレス・オブリージュの精神

 同校は、3コース制を敷いています。「S特選コース」は先取り学習で最難関大学をめざし、「特選コース」は難関国公立大や早慶上智を、「特進コース」は国公立大やGMARCH進学を目標とするカリキュラムです。

 国際教育にも力を入れており、イギリスのパブリックスクールの名門ラグビー校とも交流。ICT教育も重視し、37教室に電子黒板を導入して、アクティブ・ラーニングの授業を活発化させ、課題解決力や論理的思考力も養っています。理科教育も特徴的で、「みずから学ぶ」体験を重視して、中1と中2は常に実験室で授業を実施。中1の総合的な学習の時間でも、ガーデンテラスで野菜栽培にも挑戦させています。最後に原田先生は「都市大グループの創始者である五島慶太先生の教育理念を受け継ぎ、ノブレス・オブリージュの精神を身につけ、社会貢献できる人材を送り出したい」と結びました。


中学3年間は給食を提供。夜間は、食堂で軽食も販売されます
http://www.tcu-todoroki.ed.jp/ 別ウィンドウが開きます。

◎学校関連リンク◎

  •  鷗友学園ブログ「鷗友徒然草」〜鷗友学園の日々をご紹介〜
  • 国公立・医学部への最短距離は? 栄東へ

◎人気コンテンツ◎

  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 受験体験記
  • 2017年度中学入試/サピックス小学部第27期生 親子で歩んだ 受験の軌跡
  • 2016 中学入試特集 *入試結果 *入試動向 *受験ドキュメント
  • 2016年度 SAPIX主催 学校説明会レポート《170校のレポートを公開中!》
  • 学校検索/2017スクールデータ公開中
  • 「2017年度入試」出題のポイントと留意点
  • 手軽に作れてからだにやさしい/まんてん塾ごはん:今月のレシピ公開中!

ご注意

コンテンツへのリンクで  のアイコンは、PDFです。表示には Adobe Reader が必要となります。
Adobe Readerのダウンロードは、こちらからどうぞ。↓
Get Adobe Reader

ページトップ このページTopへ